KAWADA BLOG

Jun/2019 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
カーテン用NEWオプション
どうもです。
人気のミニ4WDシャーシ『CARTEN M210』用のNEWオプションパーツが登場します!!

NBA324 225mmシャーシセット

ホイールベースを225mmに延長するシャーシセットです。いわゆる『M寸』って呼ばれるサイズになります。ボディー選択の幅が一層広がっていろんなボディーが積めるようになります。

NBA323 ソリッドアクスル(42T/17Tメタル)

オプションのギヤデフ(NBA310)と組み合わせて使用する、ソリッドアクスル(スプール)です。より前に出るようになり、ラップタイム向上に貢献します。
(本当はボールデフ用のソリッドアクスルも手配したのですがメーカー欠品中で今回は入荷して来ないとのことです。)

ちなみに今回の新製品2点ですがメーカー在庫が極端に少なく、極少量の入荷予定となっております。(びっくりするくらい少ない…)品切れの際はご容赦ください。

その他スペアパーツ各種も再入荷します。
お問い合わせの多いNBA310 ギヤデフセットも入荷予定です!!

現在在庫切れになってしまっているM210キットも再入荷予定ですがこちらも極少量入荷とのことです。
海外で人気らしく現在メーカー在庫切れとのことです。何とか少量ですが確保できました。

既に日本に向かっているようですので早ければ来週には出荷できると思います。
今しばらくお待ちください!!

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
関東のY氏より
どうもです。

関東のY氏より、またまた全日本選手権が開催されるヤタベアリーナでの貴重なレポートを頂きました!!
ありがたく掲載させて頂きます!!(まんまコピペです。)


【ここから原文のままです。】

お世話になります  関東のY氏です

先日のEPSお疲れ様でした  昨日時間が取れたので練習してきました(全日本は参戦しませんが)

平日にもかかわらず 1/12野郎が集まってました 考えてみれば本戦前2週間と迫ってるので当たり前といえばそれまでですがスポーツクラスが結構多くてAメインに軒を連ねる方々が沢山です 車両はYRXが大半皆さんよく走ってます
今回は少しでもカワダユーザーに貢献出来れば?ということで様々なテストしてみました


まずボディから

これは好みもあるでしょうけど モンテックM18超軽量が主体 リジットならではの挙動を軽減するアイテムの1つと思います ただモーターコードの配線を考えないと載せ辛いのが玉に瑕です 本戦レイアウトを考えるとこれが主体となりそう これ以外ならボンバーさんのケッターかな?と思います


次にタイヤ

EPSの時に感じたかもしれませんが Frタイヤに何を持ってくるか?と思います 上がった路面にはFrにLラバーは案外通用しないことがあります 路面に”ノリ”が付きすぎると
ラバー質が多いと過敏反応することがあります サイドウォールにグルーがマストの今日であればなおの事なので いわゆる”粉系”が良い感じな緩さを醸し出します
ただ一概に言えない(気候で)状況をよく判断しないといけません


次にショルダーグルー

基本なんでも良い感じではありますが 結構使うものによって差が出ることがあります 通常のCEだと固まった後硬くてザラつき ザラつきを取らないと過敏反応することがあるので注意が必要です
また軟質なCEは使いやすい反面 走行後グルーが盛り上がるのでトレッド面と同じくらいの高さに処理しないといけません これを怠るとアンダーステアの原因になります

最近のタイヤ勢力図式は あまり変わりませんが
Fr C CXS L30
Rr コンビ CXS C
があえば対処できると思います

以上 取り急ぎですが 何かのお役立てになればと思います

【ここまで】


Y氏今回も貴重なレポートありがとうございます!!
遠征で全日本選手権に参加する選手にとってはとても貴重な情報になります。
今のヤタベアリーナの路面は何の情報もなく『丸腰』で行ったら、かなり難しい路面だと思います(僕個人の感想)。
これから練習に行かれる選手、はたまた当日入りでレースに臨まれる選手の方々には特に参考になると思います。

また情報あれば宜しくお願いします。

では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
薄型ボディーマウントパッチ
どうもです。
ここ最近、続々登場している『超軽量ボディー』
特に超ハイグリップコースでは超軽量ボディーのメリットは絶大と言えますよね。
そんな超軽量ボディーですが使ったことがある人ならわかると思いますが薄いポリカ板で成型してあるボディーはかなりペラペラです。
なのでボディーマウント用の穴の周りは確実に補強しておきたいところですよね。
そんな超軽量ボディーの補強にベストマッチするボディーマウントパッチが新発売のこれです。
SK86 薄型ボディーマウントパッチ

厚さ0.35mm厚(両面テープ厚さ含む)の薄型の程よくコシのある素材を採用し、ボディーへの馴染の良さと穴の補強に十分な強度の確保を両立させました。

裏面には強力な両面テープ付です。


穴はφ6.2mmであけてありますので一般的なφ6mmのボディーマウントにジャストフィットです。
少し緩めが好みの方はリーマーで好みの大きさに調整してください。

これでペラペラボディーのネガな部分も一発解消!!
既にものは入荷済みですので今週木曜日(13日)より順次出荷予定です!!

超軽量ボディー使用時には欠かせないアイテムです。是非お試しください!!
では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
KAWADAのアッポー出ます。
どうもです。
日差しが強くなるこれからのシーズンに最適なKAWADAロゴ入りキャップを作りました!!
アウトドアでのRCにもってこいですね。照明がまぶしい屋内サーキットにも効果的ですよ。

C011 KAWADAキャップ(ブラック/オレンジ)
C012 KAWADAキャップ(ブラック/ホワイト)

ひさしの部分のトリム色がオレンジとホワイトの2色から選べます。

どうでもいい話ですが我が家ではなぜか帽子のことを『アッポー』って呼んでいます。
ひょっとして必殺の三河弁なのか?とふと思い、インターネットのヤホーで調べたところ、どうも四日市方面の方言で帽子のことを『あっぽ』と言うみたいです。
他にもフランス語で帽子のことを『シャッポ』って言うみたい。
『アッポー』の語源はどうもこの辺りから来てるっぽい。
どうでもいい話ですね…。

KAWADAロゴ入り『アッポー』好評発売中です!!
では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
1/10エンジンツーリングカーエントリー
JMRCA中京支部のページを更新しました。


JMRCA全日本選手権『1/10エンジンツーリングカー・スポーツクラス』『1/10エンジンツーリングカー・IFMARクラス』のエントリーの受付ができるようになりました。

エントリー受付〆切は7月7日(日)です。

全日本選手権『1/10エンジンツーリングカー・スポーツクラス』『1/10エンジンツーリングカー・IFMARクラス』に参戦予定の方は忘れずに申込み下さい。
申込み受付先は『F-1ホビー』となっておりますのでお間違いなく。


※申し込み期日を過ぎたものは一切受け付けません。』とのことですので忘れずにお申し込みください。

宜しく願いします。
JMRCA中京支部 : comments (x) : trackback (x)
DAYZに行ってきました。
どうもです。
昨日はDAYZさんへ行ってきました。
先週ヤタベアリーナさんへ遠征したので当初の予定では今週はのんびりしていようかと思ったんだけど、少し気になることがあって色々と試してきました。

思いついたら試さずにはいられなくなるタイプかも。

ヤタベでやって良かったことをDAYZでも試してみたんだけど、なかなか上手くいきませんでした…。
色々やって結局いつものDAYZセットに落ち着きましたとさ。

今週は、久しぶりに『ちょい悪さん』とご一緒できました。

全日本本番用の新車を一生懸命組み立ててました。(真剣だったので隠し撮り)
マシンはもちろんM300FX4 Limitedです!!

そんな全日本の準備で大忙しなのに僕たちの食糧の配給もちゃんとありました。

信玄もち味ののっぽぱん。おいしゅうございました♪
ここ最近イマイチ調子がパッとしなかったと言う『ちょい悪さん』は、この日絶好調を取り戻してご満悦な様子でした!!
本番用のマシンも調子良さそうで良かったです!!

そんな中、ピットで必死にセッティングしていると…
ガタンゴトンガタンッ!!

2階からラジコンが降ってきた…。さながら自販機で買ったジュースのごとく。

『やっちゃった〜(笑)』と師匠がニコニコ下りてきた…。師匠の車だったのね(笑)

師匠も全日本に向けて調整中。元気がバンバン有り余ってる感じです!!

※あまりの面白事件にはしゃいじゃって、松井さんと現場写真をバシャバシャ撮った挙句に2人して救出の手助けもせずにピットに戻る始末(笑)。ゴメンね師匠、ヤジウマだもんで。

久しぶりのDAYZ。やっぱりオモロかったです♪
朝から晩まで弄っては走ってを繰り返してたら、タイムはともかく周回数はまーまーいきました。645周走りました。

2番手は300周台だったのでほぼダブルスコアと言ってもいいレベル。
ラジコンは周回レースだで。

月曜からすでにクタクタです。
では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
関東のY氏センキュッ!!
どうもです。
先日UPした『ヤタベアリーナさんへ行ってきました。』のエントリーを見て、関東のY氏よりメールにて貴重な意見を頂きましたので紹介します。

【関東のY氏より(原文)】
1/12ストックの車両SETは ほぼブログ記事がデフォルトで問題ないと思います 最近はセンターショックのリバウンドを少なくし Frタイヤの塗布幅にて調整してます またESCのパワーを低速よりドカっと出さないのがトレンドです

自分が感じたタイヤ勢力図はこの通り

Fr L30>CXS>C

Rr コンビ>CXS>C

路面が重いときにC あがり加減にCXS 安定にコンビという感じです Frの旋回性能をとるならL30が1番かと
アベレージを取るならCで Fr塗布幅を多くすれば解消するかと
【ここまで】


関東のY氏、貴重な意見ありがとうございます。
『ESCのパワーを低速よりドカっと出さない』は興味ありますね。ヤタベに行く前に知っていれば試したかったです。運転が楽になりそうですね。
ちなみに僕が先日ヤタベアリーナを走った感じのタイヤ勢力図がY氏のものとイメージが異なってます。

僕の印象はこんな感じです。

Fr L30>C>CXS

Rr C>コンビ
(※リヤCXSは在庫切れで無かったのでやってないので分かりません…)

路面とか車の状態でもイメージが変わるのでこの辺りの判断は難しいですね…。


関東のY氏貴重なアドバイスありがとうございます。
また何かあったら教えてくださいね♪

では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
Li-Po&Li-Fe本日より出荷!!
どうもです。
新製品の1Sサイズ&ショートLi-Poの出荷が本日より開始となりました。
この新製品のLi-Poバッテリーは、PSE規制対象外となる体積エネルギー密度400wh/L以下のLi-PoバッテリーですのでPSEマークが無くても安心して販売して頂けます。

体積エネルギー密度=(定格容量×定格電圧)/体積
※体積はケースの大きさでは無く、中のセルの大きさです。

【体積エネルギー密度394wh/L】
LBA074 1Sサイズリポ7.4V 3000-60C

【体積エネルギー密度382wh/L】
LBA084 ショート・リポ7.4V 4000-90C


Li-Feバッテリーは、上記のLi-Poバッテリーと同じ大きさでも、もともと容量が少なく電圧も低いので体積エネルギー密度は400wh/Lを余裕でクリアしています。

【体積エネルギー密度246wh/L】
LFA040 Li-Feバッテリー2100mAh 40C

【体積エネルギー密度213wh/L】
LFA050 Li-Feバッテリー2600mAh 60C

早いショップ様で土曜日には店頭に並ぶと思われます。
いろんな意味で安心なカワダのLi-Po&Li-Feバッテリー是非お試しください!!

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
ヤタベアリーナへ行ってきました。
どうもです。
5月26日(日)、27日(月)の2日間、ヤタベアリーナさんへ行ってきました。

全日本選手権に参加する清水くんの練習の付添です。

2017年度、2018年度のスポーツクラスファイナリストの大戎さんもヤタベアリーナに練習に来ていました。ピットがDAYZっぽくなりました。

ヤタベアリーナの今のレイアウト。
カーペットはCRCブラックカーペット。グリップ剤はファニーグリップ。(たしかTC2+、スティッキーフィンガーも使えたと思います。)



早い時間の空いてるうちに走らせていたんだけど、だんだんと混んできて操縦台には10人以上はいたかなぁ?
周りのペースは僕よりもずいぶんと速かったので一緒に走ると邪魔しちゃいそうなのでこの日は早々に走らせるのを辞めました。車のセットがちんぷんかんぷんな状態なので変な動きで邪魔しちゃいそうだったので。(寝不足でただ眠かったのもあるかもしれんけど)

次の日の月曜日は平日なのでとても空いていて走らせ易かったです。
コース慣れしてなくて、マシンも仕上がってない状態の僕にはありがたいです。
走行時間も30分中20分は走行可能。走っては弄ってを繰り返して段々と車が走れる状態くらいにはなりました。(タイムは全然遅いけど)

少しの間しかヤタベアリーナを走らせていませんがこれからヤタベアリーナさんへ全日本の練習に行かれる方に少しでも参考になるかも知れないので試して感じたこと、やったほうがいいことなどを紹介します。あまり参考にならないかもしれませんが『そんなことやってきたんか』程度に読んでくださいね。

【タイヤ】
タイヤはスポンジ系(粉系)、ラバー系どちらでもグリップするみたいです。
時間があまりないのでそんなに種類は試していません。
タイヤを削って持って行ったのでタイヤ径は細かくテストしていません。
全てフロント40mm、リヤ41mmで用意しました。
走らせた感じこの径だと少し大きく感じました。連投してフロント39.5mm、リヤ40mm程度でもグリップ不足は感じませんでした。(8分間は走行してないのでヨロシク)
ホイールはヨコモ/TNレーシング製のYRX用のホイールを使用しました。

とりあえず試した組み合わせと感想です。

●フロント:L30(D1F130)、リヤ:CXSコンビ(D1R435)
DAYZやMAPで使っている定番の組み合わせ、問題なく良く走りました。
フロントの反応が良く、前にも出ます。

●フロント:CXS35度(D1F335)、リヤ:CXSコンビ(D1R435)
フロントLラバーの時に比べハンドリングがマイルドになり操縦しやすい。

●フロント:C35(D1F235)、リヤ:C35(D1R235)
前後左右均等にグリップする感じ(?)
マイルドでクセがなく好感触です。軽快な感じでよく走ると思います。

●フロント:L30(D1F130)、リヤ:C35(D1R235)
前後C35に比べフロントの反応が良くなりました。

他にもいい組み合わせがあるかも知れないので色々試してみてください。
あくまで僕がこの日やったタイヤの種類です。

【アッパーアームマウント】
いつもは5度固定で使用していましたが『10度』がコーナーがスムーズになり好感触でした。
初期キャスター角を5度の時よりも少し増やすとさらに良かったです。
初期キャスター角は9度〜10度でした。普通に組むとフルバックで大体そんなもんになります。(僕のはなぜが前0.5mm、後ろ1mmのキャスターシムで9.5度くらいでした。)
これは清水くんも気に入ってくれて採用してくれました。

【キャンバー】
1.5度だと曲がり過ぎて難しかったです。1度だとちょっと物足りない。
1.2度くらいがちょうどよく感じました。

【フロントスプリング】
いつもより硬めのものが良かったです。
ホワイト(RS17W)かそれより硬いものでもいいかも知れません。
今回はモロテック製のスーパーロングスプリングの50WXを使用しました。
スプリングの自由長が長く高速レイアウトのコースと相性が良いと思いました。

【フロントリバウンド】
調整はしていませんが車高で0.2mm程度でやってました。

【ショルダーグルー】
フロントタイヤのショルダーに瞬間を塗らないとほぼ走行不能でした。
ショルダーグルーは必須かと思います。
僕はスクエアさんの『ハイサイド抑制グルー』を使用しました。プライマーが無いと固まらないのでプライマーもお忘れなく。

【グリップ剤】
ファニーグリップです。
フロント:塗幅1/2で5分くらい
リヤ:真空引きありで30分〜1時間くらい
でやっていましたが塗幅、塗布時間は何も試していません。

【サイドスプリング】
いつもより硬めのものが良かったです。
今回はホワイト(RSD11W)を使用しました。他の所とのバランスではアクア(RSD11A)も良かったです。

【チューブダンパーのオイル】
チューブダンパーのオイルは『重め』が良かったです。普段使ってる1万番とかだと柔らか過ぎてフラフラしてしまいます。
サイドスプリングとのバランスもあると思いますが今回良かったのは『3万番(AXON)』でした。


【ピッチングダンパー】
あまり細かくは試していません。
いつものφ1.2に拡張したピストンでオイルは#1,000(AXON)
スプリングは、ヨコモシルバーかゴールドのどちらかが良かったです。
シルバーのほうが挙動がつかみやすく運転がしやすく、
ゴールドのほうが蹴りが良く前にでる感じがしました。

『オイル柔らかいほうがいい説』を聞いたので試しに#60で組んだダンパーにして走らせてみましたが車が動きすぎて難しく感じました。#1,000に戻すと安定感が増して良かったです。
ただこの部分はあまり試してないのでもっと柔らかくすると『向こう側』に行って良くなるかもしれません。ちなみに清水くんは#5というシャビシャビのオイルが良いっていってました。
時間があれば硬いのと極端に柔らかいの色々やってみるといいと思います。
リバウンドについては0.7mm程度固定でやっていたので良く分かりません。

【ピッチングダンパーポジション】
キット標準位置がバランス良さそうです。(アッパーブレースの穴で言うと真ん中)
前側で取り付けるとフロントに掛かり過ぎてハンドリングが難しくなる傾向だと思います。
ショックステーの位置は一番上が良かったです。一段階下げたら(上から2番目)運転が難しくなりました。好みもあると思いますのでここは何ともですが。

【前後トレッド(全幅)】
フロントは、V2.1シャーシで一番ワイド。
リヤは、左右に2mmのシム追加(合計+4mm)で一番ワイドな状態でやってました。
全く弄ってません。

【サイドリンク前上げ】
少し曲げてみようと思い、前側を0.5mm上げてやってみた。
よく分かんなかった…。

【ボディー】
ローラフロッピー固定でやってましたが周りを見ると『モンテックM18(超軽量)』を使っている人が多かったです。
運よく借りて試すことができましたが高速シケイン的なところで振られることが無くてとても運転しやすいと思いました。


こんなもんかなぁ。
あくまで僕がやってみた感想なのでいいかどうかは試して判断してみてくださいね。
『へ〜』くらいの感じで思ってください。

何もわからないで練習に行くと本当に大変だと思うので
こんな感想でも少しでもこれから練習に行かれる方の参考になればと思います。

色々書きましたが間違っていたらごめんなさい。
役にたったらうれしいな。

そんながんばる僕にヤタベアリーナ所長鈴木さんが…

ご褒美にジョアをおごってくれました♪ ごちそうさまでした!!


では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
C35再入荷!!
どうもです。
カーペット路面タイヤの定番Cラバー35度が再入荷しました!!

D1F235 Cラバー・フロントタイヤ 35度:4個入
D1R235 Cラバー・リヤタイヤ 35度:4個入

さっそく自分用の分を接着しました。(日曜日にヤタベアリーナさんに行くので)

今回より、原材料費の高騰分を吸収するためにタイヤ表面の仕上げ研磨をカットしています。
1/12用タイヤの場合、昔と違って使用前にタイヤセッターで整形してしまうのでドーナツの段階での仕上げ研磨は不要な工程と言えます。(内側面の処理は従来と同じです。)
その分、今まで通りの価格でのご提供を実現しています。
袋から取り出したとき今までよりも表面の見た目が荒く見えますが使用している材料は従来の物と何ら変わりませんのでご安心ください。

では!!
再入荷情報 : comments (x) : trackback (x)

ミュルサンヌ最終戦
Dogkill>6/14