KAWADA BLOG

Nov/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
お気に入り…でも絶版
どうもです。
大切なマシンをサーキットに持って行く時、案外テキトーに運んでる方も多いんじゃないでしょうか?僕は大事〜に専用ケースに入れて持ち運んでいます。
SK42 キャリングケース 1/12用 【絶版】


かれこれ10年以上前に発売した製品で当時から使ってますが未だ現役。しかも手放せない逸品となっています。
残念ながら外側のケースの入手が困難になってしまった為、ずいぶんと前に廃盤商品となってしまいました…。当時は『これ絶対売れるっしょ!!』っと意気揚々と製品化しましたが期待ハズレ…。 数年後12ユーザーから『あれは無いのか?』と問い合わせを多く頂くようになった頃は既に廃盤となってしまっていた歯がゆい過去がある商品です。
このケース持っている方、大切に使ってくださいね。僕も大事〜に愛用しています。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
バタバタ
どうもです。

何となくの雰囲気で連続ブログ更新をチャレンジしてましたが
今日は打ち合わせ等など色々バタバタしていて執筆活動が後回しになってしまいました。
毎日ブログや動画などを更新されている方、マジで尊敬しますね。

今週は、久しぶりにノーラジコンな週末。
ラジコンのことは一切忘れてリフレッシュしたいと思います。

では!!
- : comments (2) : trackback (0)
周年レースの動画がいいね。
どうもです。
昼休みにYOUTUBEを観ていたら先日の『ラジ天名古屋17周年記念レース』の動画があった。

ラジコントーゴーさんの動画です。(勝手に紹介ごめんなさい。)
https://youtu.be/a3azxuOGJRQ
しっかり撮影してあって編集まで丁寧にしてあっていい感じです。
ラジ天名古屋のレースの楽しい雰囲気が良く伝わってきますね♪(店長チャレンジがオモロイ)
これだとラジコンやってない人が観ても『ラジコンちょっとやってみようかなぁ?』って思ってもらえそうな感じがして良いですね〜。

今日は良いもんを発見した。
では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
タイヤを剥がしました。
どうもです。
ここんところブログを熱心に連続更新していますがいささかネタが枯渇してきた…。

どうでもいい事ですがここ最近のレースで使ってチンチクリンになったタイヤ達を一気にアセトンに浸けて剥がしました。
【閲覧注意】※一般向けにお薦めできる作業では無いのでやられる方は自己責任でお願いします。

使用済みのタイヤを剥がすのにアセトンを使用していますが清水くん直伝の『二層式』でやってます。要は『大分使い込んで汚れたアセント』でタイヤを剥がし、その後『まーまー綺麗なアセトン』に浸けて仕上げる方法です。

アセトンに浸けてタイヤを剥がす作業を続けているとアセトンにどんどん瞬間が溶け込んでいきます。その溶けた瞬間がアセトンから取り出したホイールにこびりついて始末が悪い。
そこでフレッシュなアセトンで仕上げるって訳です。
ちなみに『まーまー綺麗なアセトン』も使ってくると汚れてくるのでそうなったら『大分使い込んで汚れたアセント』の方に継ぎ足す。

12を熱心にやってる方なら既にご存知だとは思いますが知らない方もいると思いますので間違った方法かもしれませんが普段僕がやっている手順を紹介します。

【僕のホイール再生方法】
 愨臺使い込んで汚れたアセント』に浸ける。
半日程度放置した後、タイヤを剥がす。
タイヤを剥がしたホイールに溶けた瞬間がドロドロと付いているのでもう一度『大分使い込んで汚れたアセント』に浸ける。
1時間以上経ったら『まーまー綺麗なアセトン』に浸ける。
セ辰放置(ちょっとでいい)したら取り出す。
水で軽くすすいで直ぐに広げて水気を切る。
Ъ屬縫曠ぁ璽襪鯢佞韻洞転させてブレがないか検品する。(ダメなのは破棄)

こんな感じです。
正直アセトン使ってやる作業ってどうなの?とも思いますがこの作業の必要性がある時点でかなりの12ジャンキーなのでしょうがないものと思って諦めてます…。

アセトンを使用せずにタイヤセッターで削っちゃうって方もいますね。こちらの方法だとアセトン(危険)を使用しないので安全です。ホイールの硬さの変化も起きなくて良いんだけど、めんどくさがり屋の僕には向いてないのです。
ホイールは使い捨てって言うブルジョワな方もみえますね。羨ましいけど、それはもったいない感じもしますね。

今回はあんまりホイールが逝ってなくて良かった。
では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
楽しみ方は人それぞれ…
どうもです。
先日のDAYZの夜ちゃれの時にピットウォークしていたら、オモシロマシンがあったので紹介します。

一見M500WGTかと思いきやフロントサスとモーターマウントなんかがヨコモ製のものが取り付けられているワールドGTを発見。

サスプレートを自作してYRX用のフロントサスを装着

リヤ周りはYRX用じゃなくてR12用。


こんな独創的なマシンを作ってRCカーを楽しんでるのはこちらの安平さん

よくよくボディーを見てみると『川堀模型』『KAWAMO』とか謎のステッカーが貼ってある…。

安平さんのマシンは基本的にいつも純正そのままの状態なことは無いです。
色々なメーカーのマシンを独自に交配させて新種(珍種)のマシンを作るのが安平スタイル。

そんな彼が独自生み出した謎のRCブランドの一部をご紹介
 『川堀模型』…川田模型と横堀模型(ヨコモ)
 『CYK』…CRCとYOKOMOとKAWADA(AYK風のロゴ)
 『3K RACING』…KYOSHOとKAWADAとKATO(ボンバー)(3レーシング風ロゴ)

実車で言うと『シルエイティ』、バイクで言うと『トライトン』みたいなノリかなぁ…。
ミックスであって雑種ではない。

基本的に全て川田模型を絡めてくれているのでありがたいですね♪
ラジコンの楽しみ方は人それぞれなのでこういった楽しみ方も中々面白くて良いですね。
安平さんのオリジナルマシンのファン(?)は結構いて、彼のピットを訪れるた人を爆笑させていますよ。
今後も彼のマシン開発に目が離せませんね。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
DAYZ夜ちゃれ
どうもです。
11月10日(土)に開催されたDAYZ夜ちゃれに参加してきました。
参加したクラスは『夜ちゃれ12』です。
ここんところは珍しくレース三昧。EPS-J、ラジ天名古屋17周年レースと続いて第3弾。
しかもEPS-Jで3位、ラジ天でも3位と、比較的まーまーな成績が続いています。
今回も3位を決めて、謎の3位キャラを確立したいところです。

この日のエントリーは、他のイベントも同じ日に開催されていた為か11名と若干少なめでしたが中々キャラの濃いメンツ揃いです。
珍しく今回は清水くんも参戦しているし、2017、2018のJMRCA全日本選手権スポーツクラスファイナリストの大戎さん(前回のEPS-JのJMストッククラス優勝、先日のクレストさんのレースでも当日入りで優勝とノリノリ)もいます。

【練習走行】
1ヶ月ぶりのDAYZ。しかもこの前までは、回転数規制有りのラバーF1をやってたもんだから、1パック目は恐ろしく車が速く感じました。『えっ12ってこんなに速かったっけ?』とおっかなビックリ。何とかぶつけずに走りきりましたがとてもじゃないけど壊さずに走れる自信がない。車も少しバイオレンスな感じだなぁ。
車が少し難しかったので壊す前にマイルド目に変更。前回のDAYZで試して良かったX-RAY製のサイドスプリングが付いていたけど今の路面だと硬くて難しいと判断し、定番のカワダブルーに戻しました。これがグッドフィーリングで車が一気に良くなりました。
ボディーはトヨタを使っていたんだけど、周りはローラを使っている人もチラホラ。一応試してみるもののしっくり来なかったのでトヨタで行くことにしました。
最近はボディーの好みは人それぞれで案外みんなバラバラな感じ。AMR(プロライト)、ボンバーのケッタ(一番軽いやつ)、ブラックアートのローラかトヨタ。この辺りのボディーがメジャーな感じかな?コースや路面やその日の気候なんかで微妙に使い分けます。

だんだん12の感覚が戻ってきたのか今度は曲がりが足りなく感じてきた。そこでフロントスプリングをブルーからイエローに一段柔らかくしたところ、曲がりが出てタイムアップしました。練習を重ねるに従い、だんだんフロント方向の掛かりが大きくなってきたのでリヤのリバウンドを無しにした所グッドフィーリングになりました。
車も大分いい感じに仕上がってきたなぁと思っていましたが時間がたつに連れて運転が難しくなってきた…。動きがヤバめだったので結局フロントスプリングをブルーに戻し、リヤのリバウンドも0.6mmくらいに戻しました。練習走行最後で動作確認したところ、コントローラブルな特性を確認できホッと一安心。結局セットは元通り、欲張り過ぎはダメですね。

練習時にはギリギリですが7秒台も出ていつもどおりな、まーまーな仕上がり。

【予選1回目】
DAYZではレースの組分けを練習時のベストタイム順によって決めるシステムを採用しています。僕は珍しく4番手タイムだったので最終組になっていました。
清水くん、大戎さんと岩瀬さんと僕の4人です。清水くん、大戎さんの速さはちょっと飛び抜けていて若干の格差社会。2人にラインを譲ること必至です。いかにタイムロスなくラインを譲るかがキモになる。
ちなみに4台ともFX4です♪

1回目でそこそこの順位を決めたい所。事前の清水くんスカウターによると僕のAメイン入りはギリギリらしい…。
前の組の走行を見ていると結構バタバタしています。路面が変わったのかみんな運転が難しそうです。そう言われるとコース上の気温が大分下がったのか ひんやりしています。

緊張のスタート。練習最後でセット変更(戻した)のが大正解。車は至ってコントローラブル。そこまで速いペースじゃないけどこれならミスなく5分間走りきれそう。
清水くん、大戎さんがトップ争い。僕と岩瀬さんが3位争い。
案の定、速い2台が直ぐに追いついてくる。何とか最小限のロスでラインを譲ります。
アナウンスによるとトップ争いが接戦っぽいので僕と絡んじゃったら大変です。立て続けに2台くる時なんか殆ど一時停止に近い状態でラインを譲る忖度っぷり。
絡むことなく何とか無事に予選1回目終了。ギリギリ37周回ってました。

1回目が終わって総合3位と予想以上の順位。
トップは清水くん、2位は大戎さんです。 悲しいかな2位と3位の間には大分差が有ります。

【予選2回目】
さっきまーまーなタイムだったので多分Aメイン入は大丈夫なハズ。
車は安定していてコントローラブルなので車はそのままノータッチです。
予選2回目は特にこれと言った事件もなく平凡に終了。この組ドベチンだったけど2回目終了時点で総合3位をキープしています。
トップは大戎さんになったみたい。上の2人はかなり接戦でドンパチやっとるなぁ。

【予選3回目】
今回は人数が少なかったので予選が3回行われるみたい。(いつもは2回)
Aメインは、ほぼほぼ確定なんだけど少しでもタイムアップして記録を残したいところ。
車の感じは今回もいい感じにコントローラブルなんだけど岩瀬さんと何度か絡み合いをしちゃって大幅タイムロス…。(すいません)
結局タイムアップできませんでした…。残念。

【予選最終リザルト】
1回目のタイムが結局一番良くて、取り敢えず予選3位でした。

3位から6位は1秒差あるかないかの超接戦でした。たまたま運良く僕がわずか〜に速かった程度。

ち・な・み・に ありがたい事にAメイン6台は全てカワダM300FX4です!!
こんなに嬉しいことは無いですね♪
今回11台中FX4は8台とDAYZさんでは圧倒的なシェアになっています!! ありがとうございます!!

【Aメイン決勝】
トップ争い2台が飛び抜けているので3位争いが熾烈です。
できれば今回も3位になって栄えある『ミスター3位』の称号を獲得したいところ。

緊張のスタート。
取り敢えずミスなくスタート成功。3位のまま。
でも少し曲がりが足りないのか(握りすぎ?)ペースが上がらない。後ろからくる北井さんがプレッシャー掛けてくる…。途中はらんだところを抜かれて4位後退。今度は北井さんの後ろに僕。なぜか北井さんの車が急にブレイクしカマを掘ってしまった…。後続に次々抜かれてドベチンに…。必至に走り4位浮上。3位は伏見さん。
追いかけるけど中々追いつかん…。3位になれば『今回も3位でした♪』ってブログに書けるのに。邪な気持ちがあかんのかボコスカぶつけ出す…。MC小柳津くんバカウケ(笑)
結局追いつかんくって4位ゴールでした。
優勝は、大戎さん。清水くんは2位でした。大戎さん正に『常勝』って感じですね。

『夜ちゃれ12』のトップ3
<左>2位 清水くん <中>優勝 大戎さん <右>3位 伏見さん

マシンはみんなカワダFX4♪
3位の伏見さんはFX4にマシンチェンジしての初レースで見事3位入賞♪
おめでとうございます!!

ピットウォークしてカワダユーザーの皆さんのマシンを撮って来ましたよん。
清水くんのFX4

大戎さんのFX4

伏見さんのFX4

北井さんのFX4

岩瀬さんのFX4

安藤さんのFX4

10DDクラスで優勝を決めた安藤さんのM500WGT-X

伊藤さんのFX4


3位になれんかったけど楽しかったなぁ〜。
また色々試したい事ができたので次のレースまでにじっくり試します。

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
タイヤを削った。
どうもです。
昼休みに明日のレースに向けてタイヤを削っておいた。

タイヤはいつもどおり、フロントCXS(D1F335)リヤコンビ(D1R435)
タイヤ径はフロント39.5mm、リヤ40mmで削りました。ちょっともったいない感じもするけど潔くズバッと行きました。
少し大きめの中古タイヤもあるので練習の大半はそれを使って、レースはベスト径の新品タイヤを投入するつもりです。(練習時間に軽く慣らすかも)
ちなみに僕はDAYZに行く際は、ほぼほぼタイヤセッターを持っていかずに予め削って持っていくスタイルにしています。理由は、なるべく荷物を減らしたいのと現場で準備に忙しいとピットトークに支障をきたすから。
使うタイヤもタイヤ径も決まっているから為せる技。遠征なんかする場合は現場で削りますよ。(あんまりしんけど)
DAYZに行くのも1ヶ月ぶりくらいかな?ちゃんと走れますよーに。

話は変わって、ここ最近夕方になると会社の周りがカラスでいっぱいになります。
冬になるとだいたい毎年カラスまみれ…。写真はまだ少ない方です。シーズンになるとそれはそれは『カーッカーッ』うるさいんですよ。
会社の前の建物の雰囲気もあって、ゲゲゲな雰囲気。

なんでこんなにカラスが多いのかと言うと恐らく近くの動物園の森をねぐらにしてるんじゃないかと思います。(井上説)
川田模型のスグ裏には『豊橋総合動植物公園 のんほいパーク』っていう立派な動物園があるんです。

会社の3階から見えます。

結構立派な動物園で植物園や恐竜なんかが展示してある自然史博物館があります。最近は本格的なカートコースもできたみたいですね。(行ったことないけど)

のんほいパークの『のんほい』ってのは三河弁で『「のん」(〜ですね)と「ほい」(やあ、おい)は東三河地方の方言。』(ウィキペディアより
流石に『のんほい』は、ネイティブの僕でもなかなか使わんもんで…。

ちなみに『だもんで』は『だから』『ですから』の意。決して愉快な挨拶ではないですよ。
似た言葉で『だで』って言うのもあります。参考にしてみてください(笑)

明日はレースだもんで!!
では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
ベアリングを交換
どうもです。

久しぶりに再会したマイFX4を今週末のDAYZのレースに向けてメンテナンスしています。前回走ったMAPは車に優しいコースなので車にダメージは全く受けていませんでした♪

でも車軸部分のベアリングが少しゴリっていたのが気になったのでここは潔く交換することにしました。ゴリっていると言っても、まぁそう言われれば気持ちゴリってるかな?くらいなんだけど一応レース前なんで交換しちゃいます。

この部分のベアリングって1/12の中でも負荷が大きくダメージを受けやすい所です。しかもここのベアリングがスムーズに回らないとコーナーもギクシャクするし、スロットルのピックアップも良くない。その上、回らないベアリングを使い続けているとカーボンシャフトが痩せてきてガタガタになってしまいます。良いことは何一つありません。

FX4の場合、リヤ車軸を受けるベアリングホルダー部品を敢えて樹脂製部品としています。(新規金型を起こして気合が入っています。)軽量なのはもちろんのことクラッシュなどの衝撃を吸収しベアリングに掛る負荷を軽減する効果があります。高価なベアリングをいい状態で永く使う事ができるのです。話がそれてFX4自慢になってしまった…。
まぁ流石にずっと使っているとベアリングはヤレて来てしまうので今回の僕のように定期的にベアリング交換はしたほうが良いのは言うまでもないですね。特に僕の場合、ちょいちょい派手にブツけるしね。

そんな負荷が掛かりやすく、走りに重要な部分に使用するベアリングの品質には拘りたい所、もちろん使うのはカワダのR-SPEC.シリーズです。
国産ベアリングで精度、耐久性抜群です。一度使ったら他のベアリングは使えなくなりますよ♪品質は、か・な・り・高いのにお値段は控えめ。

【FX4で使うフランジ無しベアリング】
BIR46 Rスペック・ボールベアリング 1/4"×3/8":2個入

【一般的な1/12で使うフランジ有りベアリング】
BIF46 Rスペック・ボールベアリング F1/4"×3/8":2個入

FX4で使うフランジ無しベアリングってフランジ有りのベアリングに比べるとずいぶんと安いね。

そうそう、もちろんフロント用ベアリングも評判がいいですよ♪
スムーズ且つしっとりとした回転で接地感がUPします。フロントベアリングって軽視しがちだけど結構重要ですよん。
【フロント用フランジ有りベアリング】
BIF25 Rスペック・ボールベアリング F1/8"×5/16":2個入

皆さんもレース前にベアリングをリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?
ベアリングはもちろんカワダのR-SPEC.シリーズがオススメです!!

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
外れなくて良かった〜
どうもです。
今週末もレースの予定です。今度はDAYZさんの『夜ちゃれ』に参加予定です。クラスは『夜ちゃれ12R』です。(5分間で行われるほぼJMストックレギュ)
ホントは『よるチャレ』って読むんだけど、社長が『やチャレ』と呼ぶもんで我々(一部の清水とか)も『やチャレ』と呼んでいます(笑)。社長語録は中々愛嬌があって面白くて好きなんです。 今週末は『やチャレ』だで!!

12は前回のMAP/EPS-J以来。南足柄の会場でキャリングケースに入れて、走り終わったまんまで放置されていたマイFX4と久しぶりに再会。
タイヤカスやブラックカーペットの毛にまみれたまんまです。タイヤも付けっぱ。


リヤタイヤを見てみたら…
ホイールを固定しているビスが3本とも抜けかかっていて、ホイールがプランプランして外れかかっていました。外れずにゴールできて良かったなぁ。
気づかなかったけど後半の動きはおかしかったんだろうなぁ…。


久しぶりのDAYZ。ちゃんと走れるかなぁ。
それにしても最近は珍しくレース三昧です。
では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
ラジ天名古屋でWGT-Rが熱い!!
どうもです。
ラジコン天国名古屋店17周年記念レースで『スケールF1クラス』と『WGT-Rクラス』の両クラスでTQ&WINを決めた清水くんがセッティングシートを送ってくれたので早速UPしました。
どちらのマシンもよく走っていたので参考にしてみて下さいね。

F501NS 清水昭博選手のラジコン天国名古屋店でのセット(PDF形式)


M500WGT-X 清水昭博選手のラジコン天国名古屋店でのセット(PDF形式)

ちなみに今回のM500WGT-Xは、レギュレーションに従いCRC製のWGT-R用ホイールに市販のF1用ラバータイヤを使用したラバータイヤ仕様になっています

ホイールが少し特殊になりますがこちらのホイールは、ラジ天名古屋さんの店頭でも購入可能です。敢えてラバータイヤで行うことで今までDDカーをやっていなかった方々が始めるにあたっての敷居がグッと下がるのが良いですね。(タイヤセッターも要らないし、タイヤ径も気にしなくていい。)

また、このクラスはボディーにも規制があります。これも魅力的なカテゴリーにしている要因の一つではないでしょうか?

【ラジ天名古屋 1/10 WGT-Rクラスのボディのレギュ】
1/10 VTA(ビンテージ・トランザム)、ナストラック系ボディ(リアルスケール指定)
※レース指向ボディは禁止(WGT、Cカー、カンナム、GT-One系)
※ボディ高100mm以上

こんな感じになっています。
WGT用カツカツボディーではなく、マッスルカーやトラックボディーが入り乱れて走っています。中々アメリカンな感じで見ていてカッコ良かったです。

下の写真は清水くんのボディーです。スウィートな68年式マスタング。


なんでもこのクラス ラジ天名古屋さんで今、人気赤丸急上昇中のカテゴリーになってるようですよ♪
ラジ天名古屋スタッフの池下さん、坂元さんもこのクラスを普段からやっているそうなので分からないことがあれば色々相談に乗ってくれると思います♪ラジ天名古屋のスタッフさんはみんなとっても親切でラジコンにも詳しい方ばかりで頼りになりますね。
また、店頭にはM500WGT-Xのキットはもちろんスペアパーツも揃えてくれてあるので安心ですよ♪
ラジ天名古屋で人気の『WGT-Rクラス』を始めるならカワダM500WGT-Xしかありませんよ!!
根強い人気のお薦めキットです!!

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
to buy sildenafil citrate maryland>11/17