KAWADA BLOG

Dec/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>> Next
安平コレクション
どうもです。
先日DAYZさんに行った時、変態(いい意味)でお馴染みの安平さんが来ていた。
写真良く見たら、メガネかけてるのに頭にメガネが乗っている…。さすが。

レトロなラジコンを並べてご満悦な様子。
僕は当時を全く知らないのであんまり分かりませんが結構レアな車っぽい。
なんでも夜な夜なヤフオクを徘徊しレアなマシンを物色しているのだとか。
車の説明を聞くと中々面白かったので写真を撮らせて頂きました。

説明を聞いてる最中、途中でよく分からんくなったので聞いてるふりしてしっかり聞いてなかったところもある。空覚えのところもあるので間違った紹介していたらごめんなさい。
(ブログ更新後、ちょいワルさんが車種名を教えてくれました。流石に最後のヤツは分からんかったみたい。あとから思い出したみたいです。AYKのRX2000らしいです。)

いつぞやのタミヤ製のF1らしい。
(F1じゃないよ。F2だよ!マーチF2 byちょいワル)
ボディーの固定が現在主流のキャッチピンではなく、シャーシ横と前(確か)にパチンと引っ掛けて固定するタイプ。受信機等のメカが異様にデカくてビックリです。メカでデカくて行き場が無かったのかモーターが車軸の後ろにある見慣れぬレイアウト。なのでデフギヤも逆。
フロントサスアーム間にサーボがあったりするとこなんかは案外最近っぽい感じもする。
使用するプロポもレトロなサンワダッシュ。

こちらは今はなきAYKのマシン。名前は完全に忘れました…。
(サイクロンだよ。byちょいワル)

フロントロアサスが動きます。しかも小型なオイルダンパー付き。このマシンはオイルがダダ漏れでスカスカでしたが…。

後ろのサスペンションも凝ってます。これってリヤはダブルウィッシュボーンになるのかなぁ?そしてこれがかの有名なAYKのデフか〜。

これもAYKだけど名前は分かりません…。
堀さんっぽいカラーリングだけど本人のじゃ無いよね?
(AYKじゃないよイシハラのロードランナーだよ。AYKのパーツ使ってたよ。byちょいワル)

キャスターはネジ1本で調整可能。しかしキャンバーはイジれないみたい。
なんでも昔はキャンバーをイジる習慣は無かったとのこと。ホントかな?

これも同じデフが付いてます。

リヤのモーターマウントの感じなんかは割と最近の車っぽい雰囲気。

これもAYK。名前は分からん…。
確か第一回全日本選手権チャンピオンマシンとか言ってたかなぁ?
(流石にこれは俺も分からんよ。byちょいワル)
(思い出した。RX2000だよ。この後RX3000。その後EXL480に変わるよ。byちょいワル)

これもキャスター調整可のキャンバー固定タイプのフロントサス。
確かフロントスプリングも付いてなかったと思います。しなりで走るだね。しなりで。

スピコンがこんなところに付いてるのでシャーシがしなると動き出すらしいです。
シャーシを手でグイグイしたら、スピコンも動きました…。
バックは電気スイッチ式でいきなりトップスピードとのこと…。安平さんが冗談で改造したのかと思ったら標準でこの仕様らしいです。

パッケージを見ると確かに同じスイッチが同じ場所に付いている…。

説明書も付属してました。今でも十分イケてるカッコいい表紙。
てくにかるいんふぉめーしょん

写真なんかも中々凝ってますね。

漫画家が書いたようないい感じのイラストがgoodです。

中々丁寧に説明されていい感じ。

ブログ見た安平さん(変態)から当時の雑誌の記事の写真が送られてきたので追加で掲載します。
この車、確かに全日本選手権のチャンピオンマシンのようです。昭和55年って相当昔。
それにしてもオープンクラス、ジュニアクラスとも優勝とは凄いぜ!!
(個人的には全日本選手権で活躍した生生しい車が掲載された雑誌の雰囲気が好みです。最近はこういう記事が無いのが少し寂しい気がします…。)


こういった昔のマシンを見るのも中々面白いですね。
ちなみにこの安平コレクション、今週末谷田部アリーナさんで開催予定のEPS-Jの会場にも持っていくとのこと。興味のある方はこの機会に是非見てみてくださいね。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
12月なのに
どうもです。

昨日の夜、寝ていたら蚊に襲われた…。12月なのに…。こんなの初めてかも。

特にネタは無いですが何となくバタバタと無駄に忙しい感じで頑張ってます。
今日は蚊に襲われませんように。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
もう12月ですね。
どうもです。
今年は例年に比べあんまり寒く無いので中々実感が湧きませんがもう12月なんですね…。
気がつけば今年もあとわずかな感じ。
『今年もあとわずか』って思うと意味もなく少し焦りを覚えるのは僕だけでしょうか?
『在庫あとわずか』って言われると思わず焦って買っちゃうみたいな感じかなぁ。

今月発売予定のCARTEN M210はもちろん、各社Mシャーシに最適なミニ用タイヤの動き(売れ行き)が活発になってきました。何となくMシャーシブームっぽい流れを感じずにはいられません!!
先日再入荷したミニ用KM28も今なら在庫たっぷりあります!!また、この季節にピッタリのKM24も在庫しっかりありますよ!!
ただ、超低グリップ路面に最適なKM20は在庫あとわずかです。ご入用の方はお早めにご注文くださいね。(焦って欲しくなっちゃったら?)

ミニ用のモールドインナー(TUM41S)も人気ありますよ。こちらは在庫しっかりありますがバシバシ売れてますので在庫切れの際はご容赦ください。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
バタバタしてて…
どうもです。

今日は何かとバタバタしていてブログ更新忘れてました…。
それもあるけど実はブログに書くネタもなかったりして。

明日は棚卸休業となりますので宜しくお願いします。
では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
ウレタンバンパーを新調
どうもです。
ボコボコとブツケすぎてヤレてしまっていたFX4のウレタンバンパーを新調してみました。

バンパーが新しくなっただけでまるで新車のような輝きを取り戻しました。
気持ちいいです♪

明日からの3連休、僕のラジコンの予定は『25日(日)にDAYZさんへ行く』だけです。
この前の『やチャレ』で気づいたことをこっそり試したいと思います。
バンパーが新しいのであまりブツケたくないなぁ。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
JMのマイボトル
どうもです。

JMRCA全日本選手権に参加すると貰える記念品。今年はマイボトルでした。
ちなみに僕は出てないんだけど、車出しをお手伝いした藤井さん(ミドリガメ)がくれました。

毎年毎年色々なグッズを用意するのも大変だろうと思います。案外今年はなんだろう?って楽しみの一つでもありますね。
今年のマイボトルは中々使えるアイテムで夏場のサーキットで何かと重宝していて、愛用していました。(これ持ってると『あれ?井上くん全日本出てたっけ?』って大体聞かれる。出てませんよ。)
ここ数日で急に冷え込んできたので最近はドリップしたコーヒーを淹れて入れて会社に持ってきています。マイデスクがカフェになった気分になっていい感じです♪

結構な頻度で使っていたこのJMのマイボトルなんだけど今日始めて気付いた…。
ここんところのチェッカー柄だけ少し違うんです。

デザインした人のミスなのか?はたまた隠されたメッセージなのか?謎が深まります。
『JMRCA+』とも読める気もするけど、『+(プラス)思考で頑張れ!!』と言うJM側からの応援メッセージなのだと僕は受け止めました。信じるか信じないかはアナタ次第。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
お気に入り…でも絶版
どうもです。
大切なマシンをサーキットに持って行く時、案外テキトーに運んでる方も多いんじゃないでしょうか?僕は大事〜に専用ケースに入れて持ち運んでいます。
SK42 キャリングケース 1/12用 【絶版】


かれこれ10年以上前に発売した製品で当時から使ってますが未だ現役。しかも手放せない逸品となっています。
残念ながら外側のケースの入手が困難になってしまった為、ずいぶんと前に廃盤商品となってしまいました…。当時は『これ絶対売れるっしょ!!』っと意気揚々と製品化しましたが期待ハズレ…。 数年後12ユーザーから『あれは無いのか?』と問い合わせを多く頂くようになった頃は既に廃盤となってしまっていた歯がゆい過去がある商品です。
このケース持っている方、大切に使ってくださいね。僕も大事〜に愛用しています。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
周年レースの動画がいいね。
どうもです。
昼休みにYOUTUBEを観ていたら先日の『ラジ天名古屋17周年記念レース』の動画があった。

ラジコントーゴーさんの動画です。(勝手に紹介ごめんなさい。)
https://youtu.be/a3azxuOGJRQ
しっかり撮影してあって編集まで丁寧にしてあっていい感じです。
ラジ天名古屋のレースの楽しい雰囲気が良く伝わってきますね♪(店長チャレンジがオモロイ)
これだとラジコンやってない人が観ても『ラジコンちょっとやってみようかなぁ?』って思ってもらえそうな感じがして良いですね〜。

今日は良いもんを発見した。
では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
タイヤを剥がしました。
どうもです。
ここんところブログを熱心に連続更新していますがいささかネタが枯渇してきた…。

どうでもいい事ですがここ最近のレースで使ってチンチクリンになったタイヤ達を一気にアセトンに浸けて剥がしました。
【閲覧注意】※一般向けにお薦めできる作業では無いのでやられる方は自己責任でお願いします。

使用済みのタイヤを剥がすのにアセトンを使用していますが清水くん直伝の『二層式』でやってます。要は『大分使い込んで汚れたアセント』でタイヤを剥がし、その後『まーまー綺麗なアセトン』に浸けて仕上げる方法です。

アセトンに浸けてタイヤを剥がす作業を続けているとアセトンにどんどん瞬間が溶け込んでいきます。その溶けた瞬間がアセトンから取り出したホイールにこびりついて始末が悪い。
そこでフレッシュなアセトンで仕上げるって訳です。
ちなみに『まーまー綺麗なアセトン』も使ってくると汚れてくるのでそうなったら『大分使い込んで汚れたアセント』の方に継ぎ足す。

12を熱心にやってる方なら既にご存知だとは思いますが知らない方もいると思いますので間違った方法かもしれませんが普段僕がやっている手順を紹介します。

【僕のホイール再生方法】
 愨臺使い込んで汚れたアセント』に浸ける。
半日程度放置した後、タイヤを剥がす。
タイヤを剥がしたホイールに溶けた瞬間がドロドロと付いているのでもう一度『大分使い込んで汚れたアセント』に浸ける。
1時間以上経ったら『まーまー綺麗なアセトン』に浸ける。
セ辰放置(ちょっとでいい)したら取り出す。
水で軽くすすいで直ぐに広げて水気を切る。
Ъ屬縫曠ぁ璽襪鯢佞韻洞転させてブレがないか検品する。(ダメなのは破棄)

こんな感じです。
正直アセトン使ってやる作業ってどうなの?とも思いますがこの作業の必要性がある時点でかなりの12ジャンキーなのでしょうがないものと思って諦めてます…。

アセトンを使用せずにタイヤセッターで削っちゃうって方もいますね。こちらの方法だとアセトン(危険)を使用しないので安全です。ホイールの硬さの変化も起きなくて良いんだけど、めんどくさがり屋の僕には向いてないのです。
ホイールは使い捨てって言うブルジョワな方もみえますね。羨ましいけど、それはもったいない感じもしますね。

今回はあんまりホイールが逝ってなくて良かった。
では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
楽しみ方は人それぞれ…
どうもです。
先日のDAYZの夜ちゃれの時にピットウォークしていたら、オモシロマシンがあったので紹介します。

一見M500WGTかと思いきやフロントサスとモーターマウントなんかがヨコモ製のものが取り付けられているワールドGTを発見。

サスプレートを自作してYRX用のフロントサスを装着

リヤ周りはYRX用じゃなくてR12用。


こんな独創的なマシンを作ってRCカーを楽しんでるのはこちらの安平さん

よくよくボディーを見てみると『川堀模型』『KAWAMO』とか謎のステッカーが貼ってある…。

安平さんのマシンは基本的にいつも純正そのままの状態なことは無いです。
色々なメーカーのマシンを独自に交配させて新種(珍種)のマシンを作るのが安平スタイル。

そんな彼が独自生み出した謎のRCブランドの一部をご紹介
 『川堀模型』…川田模型と横堀模型(ヨコモ)
 『CYK』…CRCとYOKOMOとKAWADA(AYK風のロゴ)
 『3K RACING』…KYOSHOとKAWADAとKATO(ボンバー)(3レーシング風ロゴ)

実車で言うと『シルエイティ』、バイクで言うと『トライトン』みたいなノリかなぁ…。
ミックスであって雑種ではない。

基本的に全て川田模型を絡めてくれているのでありがたいですね♪
ラジコンの楽しみ方は人それぞれなのでこういった楽しみ方も中々面白くて良いですね。
安平さんのオリジナルマシンのファン(?)は結構いて、彼のピットを訪れるた人を爆笑させていますよ。
今後も彼のマシン開発に目が離せませんね。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
low cost viagra-plus wire transfer>12/15