KAWADA BLOG

Feb/2020 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
>>> Next
M300GT2 紹介その5
どうもです。

M300GT2の紹介を何度かUPしていますがよくよく考えてみると写真を公開してなかったですね。

まだ、一台しかないM300GT2プロトです。プロトと言っても、ほぼほぼ最終形態ですけど。

ミニサーボを搭載しているので別売のフローティングサーボマウントが付いています。
FX4用のウレタンバンパーも付いてますがこちらも別売です。

来月号のRCマガジンでもM300GT2を取り上げてくれるそうなので発売が今から楽しみです!!

ちなみにM300GT2ですが、今回一部の部品を中国で手配しています。
当初の予定では3月中旬の発売を目指していましたが新型コロナウイルス感染症の影響で遅れが生じる恐れがあります…。
一応工場は稼働しているみたいなので間に合うことを期待していますが、こればっかりは仕方無いですね…。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
M300GT2 紹介その4
どうもです。

M300GT2の紹介、本日は『バッテリー編』です。

M300GT2は、サーボの搭載同様、色々な方に手軽に楽しんで頂けるように様々なサイズのバッテリーの搭載が可能になっています。

1/12レーシングなどで使われる1Sサイズバッテリーを搭載した例。
当社製バッテリーですとLBA074LFA040などのサイズになります。


バギーやF1、ドリフトなんかでも良く使われるショートサイズのバッテリーを搭載した例。
当社製バッテリーですとLBA084LFA050のサイズになります。
(※当社製ショートサイズバッテリーは、長手方向の寸法が1Sサイズと同じ93mmとなっていますが一般的な95〜96mm程度のバッテリーの搭載も可能ですのでご安心ください。)


ツーリングカーなどで使われるフルサイズLi-Poを搭載した例。
ハードケース入りのLi-Poバッテリーはもちろんですがニッケル水素のストレートパックの搭載も可能です。


とM300GT2は、様々なバッテリーの搭載が可能です。
お手持ちのバッテリーで気軽に始められるのもポイントですよ。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
M300GT2 紹介その3
どうもです。

M300GT2の紹介、本日は『サーボ編』です。

M300GT2は、色々な方に手軽に楽しんでいただけるように様々なサーボの搭載に対応しています。通常サイズサーボ、ロープロサーボ、ミニサーボの搭載が可能です。(ミニサーボを搭載する際は別売のRSF95 フローティング・サーボマウントが別途必要になりますけど。)

通常サイズサーボやロープロサーボでしたら、比較的安価なモデルもありますのでメカを揃えるコストも抑えられると思います。
また、RCカーをある程度やられている方でしたら、使わないサーボが余っている方も多いと思います。そんな余っているサーボでもM300GT2でしたら有効活用できる確率が高いです。

サーボの搭載は、こんな感じになります。

通常サイズサーボの場合。シャーシ右側に搭載されます。


ロープロサーボの場合。シャーシ左側に搭載されます。


ミニサーボの場合。別売のフローティングサーボマウントを使用して搭載します。ミニサーボの場合は、シャーシ左右のどちらでも搭載可能です。

ミニサーボを搭載するフローティングサーボステーの場合、カーボンプレートの取付穴が長穴になっているので前後左右方向に位置調整でき、各社のミニサーボが取付可能です。

通常サイズサーボとロープロサーボの搭載時に使用するキット標準のサーボステーは、サーボステー側の取付穴が長穴になっているので、メーカー毎でサイズが微妙に異なるサーボの搭載が可能になっています。(全てのメーカーのサーボの搭載確認は致しておりませんがSANWA、FUTABA、KO製のサーボでしたら搭載可能なハズです。一部の海外メーカー製のサーボ等では、出力軸がシャーシセンターに来ないものもあるかもしれません。その際はステアリングリンケージの長さを左右で調整して対応してください。)


M300GT2は、通常サイズサーボ、ロープロサーボ、ミニサーボと色々なサーボが搭載可能なんです。なかなか親切設計でしょ?

では!!




PS. 昨日、病院で吸引する薬を処方されたのですが、心の友百日咳パイセンも同じものが処方されとったみたい。百日咳パイセンも苦労しとるなぁ…。
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
エアガン用に人気です!!
どうもです。

ちょくちょく問い合わせを頂く『シルバーブラシ』
よくよく聞いてみるとラジコンで使う為じゃなくて、エアガン用の高性能ブラシとして需要があるみたい。

M1B05 シルバーブラシ:2個入


エアガンなんてサッパリ分かりませんが聞いたところによると『トレポン』用のブラシに使うと物凄く良いらしいです。
『トレポン』とは何ぞや?ですが『システマ社製のプロフェッショナル トレーニング ウェポン(Professional Training Weapon)の略称』だそうでアメリカの軍隊や警察のトレーニングに使われることを前提として作られたエアガンだそうです。(それを聞いても?ですが…。)

トレポン用の他に『LONEX製モーター』用としても使えるそうです。
こちらも詳しくは良く分かりませんが恐らくエアガン界のカスタムモーターみたいなもんじゃないかなぁ?と思います。(良く知らんけど)

いずれにせよ、高品質なカワダのシルバーブラシは、エアガンの方でもニーズが多いです。
調べるとエアガン用として売られているものに比べて大分リーズナブルな価格設定(ほほ半値)となっているみたい。

ご存じの通り、当社はラジコンカーのメーカーですのでエアガンの販売経路はありません…。
もし、このBLOGをご覧のエアガンショップの方、総合ホビーショップの方で『シルバーブラシ』をお探しの方が見えましたら、お取引問屋様に『カワダのシルバーブラシあるかい?』とお問合せしてみてください。

ちなみにこの『シルバーブラシ』今現在は在庫切れですがご安心ください。
今月の2月12日(水)に当社へ再入荷予定です。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
M300GT2 紹介その2
どうもです。

前回のサスアームの紹介に続き、M300GT2の紹介をしていきたいと思います。今回は、『ホイールベース編』です。

M300GT2では、従来のホイールベースである210mmに加え、225mmと196mmのホイールベールが選択可能になっています。


<左>WB=196mm <中>WB=210mm <右>WB=225mm

210mmのホイールベースを基準にして、
●フロントサスアーム位置が14mmリヤ寄りになったのがホイールベース196mm
●Tバーの取付位置が15mmリヤ寄りになったのがホイールベース225mm
になっています。

ここには記載していませんが変則として
フロントサスアーム位置を14mmリヤ寄り、Tバーの取付位置を15mmリヤ寄りにした、ホイールベース211mmも可能です。(ほぼ210mmで重量バランス等が異なる仕様)

225mmのホイールベースも選択可能になったので、市販のホイールベース225mmのM用ボディーなんかも搭載可能になり、ボディー選択の幅が広がっています。

ちなみにホイールベース196mmは、少し前の1/12レーシングのホイールベースぐらいです。(最近は200mmかそれより少し長い位が多い)

196mmのホイールベースだとこちらのボディーが搭載可能です。

PO60 ポルシェ911 カレラ2/4ボディー(1/12スケール)


M300GT2は、走りの良さも追及しつつ、様々なボディーが搭載可能になるギミックも盛り込んでみました。
言い忘れましたがホイールベースの変更に、別パーツを購入する必要はありませんのでご安心ください。
キット標準で3種類(4種類?)のホイールベースが選択可能です。

色んなボディーを搭載して楽しんでくださいね。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
M300GT2 紹介その1
どうもです。
新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄みたいですね。
そんな話を耳にしたので、取り敢えずAmaz〇nで買っておこうかなぁと思って見てみたら、マスクの価格がとんでもなく高騰していてました…。
幸い近所の薬局で普通に買えたので良かったですけど。
自分の場合は、年明け早々から苦しんでいる百日咳用にマスクは必須アイテムなのです。(まだ、時折咳が出ます。しつこいなぁ)

それはそうと今日から少しずつM300GT2の製品紹介をしていきたいと思います。

M300GT2の特徴の一つとも言えるのがフロントのエリオットサスです。

構造がシンプルなのが最大のメリットです。
このサスアームですが実は初代M300で使われていたものなんですけど、これがまた出来が良くて、サクッと組むだけでスムーズなサスが簡単に組み立てられます。
キャンバー調整、キャスター調整などはできませんが、常に同じ精度でフロントサスが組み立てられるので非常に楽チンです。
ちなみに、そのまま組んだキャンバー、キャスター角で抜群に良く走りますよ♪

一般的に1/12で採用されているINDサスだとキャンバー、キャスターの調整は色々できますが実際に正確に組むのは、とても難しいです。大体、左右で違う角度になりがち。僕は苦手です…。
1/12を始めたばかりの方の調子の悪い車を見ると、結構フロントサスがちゃんと組めてない方が多いです。動きが悪かったり、大事なところがガタガタだったり。

M300GT2で採用しているエリオットサスだど、そういった組立の難しさが無く、誰が組んでも同じ状態になるのが良い所です。
部品点数も少ないので走行を重ねてもガタが出にくく、良い状態を長くキープします。
実際、ダスティーなテストコースを相当走りこんでますがフロントサスにガタは出ていません。

メインシャーシとエリオットサスは、サスプレートを介して取り付けますが、このサスプレートも何点かの試作を作り、走行テストをし、最適なフロントトレッドに設定しています。(従来のM300GTよりもワイドに設定)

そして…
製品の互換性をとても大切にする川田模型なのでM300FX4と同じ最新のSDSフロントエンドも取り付け可能です♪

キット標準で走りこんで更なる高みを目指したくなったらSDSサスにするのも楽しそうです。
こういった拡張性もM300GT2には仕込んでありますよ。


とにかく、M300GT2のフロントサスは、誰でも手軽にスムーズな良い状態のサスが簡単に組め、良い状態を永くキープします。
そんでもって最新のSDSサスも取り付け可能な拡張性もあるのです。

M300GT2フロントサスの紹介でした。

では!!


PS. 体調がまだ全快ではないので嫁さんから『今週もラジコン絶対行っちゃあダメだよ!!』と言われている。『絶対行くな』って『絶対行けよ』ってこと?(笑) 違うわな。
今週末もラジコン無しでのんびりする予定です。
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
ミニ用タイヤKM20再入荷!!
どうもです。
ハイグリップなミニ用タイヤとして評判のいいカワダのKMシリーズ。
これからの寒い季節でも抜群のグリップ間違いなしの20度が再入荷しました!!
TUM4020 ミニ用スリックタイヤKM20:4個入
TUM4020H ミニ用スリックタイヤKM20:2個入
CTM27200 ミニ用プリマウントタイヤKM20・VX:4個入


ブラシレスモーター用コネクターのフラットタイプも再入荷しました!!
B582 BLモーター用コネクターセット・フラット:3ペア
B582a BLモーター用コネクターメス・フラット:3個入
B583 BLモーター用コネクター・フラット先割れ:3ペア



日曜日は、ラジ天名古屋さんの周年レース。
勢い余って改造しました。ワカルカアキヒロ?

ナローF1ってタイヤ外すと思っている以上に細長いね。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
スパーとチタンビスがええ!!
どうもです。
先日お邪魔したラジ天名古屋さんでのピットでの話。

『カワダのスパーがメチャクチャ良いよ!!』との嬉しい声を頂きました。

TC用スパーの場合、最近は他社の物を見かけることが多いので正直当社としては苦戦していると言える状況…(かなぁ)
しかし、カワダスパーを使われているユーザー様の声は、
『スパーギヤを比べてみるとカワダのスパーが圧倒的に精度が良い。』
『取り付けたとき、あそこのギヤはフルフルするけどカワダのはピシッとしている。』
『バックラッシュが均一だし、走った時がホント静か。』
と嬉しい声、熱いエールを頂きました!!
実際に使い比べたユーザー様から頂いたリアルガチな感想です。
自分もやっぱりウチのギヤは最高だと改めて自信を持つことができました!!

違いは良く分からないけど何となく他社製のスパーギヤを使っているなんて方は、是非一度カワダのスパーギヤと使い比べてみてください!!
違いは一目瞭然ですよ!!






TC用スパーの製品紹介ページ(バナークリック)

TC用スパーラインナップはこちら


あと、『カワダのチタンビスめっちゃええで!!』との声も頂きました。

なんでも
『カワダのチタンビスは、精度が良い。』
『カワダのチタンビスは、六角部分が舐めない。』
『カワダのチタンビスは、ねじ込むとき真っ直ぐスッと入る。』
『カワダのチタンビスは、相手のアルミ部品のネジ穴を傷めない。』
『大手メーカーの製造をしている技術系の人に使わせたらあまりの良さに驚いとったで!!』
とこれまた大絶賛!!

…と同時に『何で今在庫切れとるん?入れてや!!』との声も頂きました。

そこで、そんな熱い要望にお応えするために
バッチリ発注させて頂きました。現在在庫切れになっているチタンビス各種は近日再入荷予定です!!

チタンビスラインナップはこちら

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
CARTENにミニピックアップトラックボディー
どうもです。

ラジオネーム『カーテン大好きっ子ちゃん』こと清水昭博さんからまたまた投稿を頂きました。

自身のカーテン用ボディーが完成したようです。
ミニピックアップトラックボディー(当社製では無い…)をチョイスしたみたいです!!
なかなかファニーな雰囲気でいい感じですね♪


カーテンM210のボディーマウントについてのウンチクを一つ紹介します。
この車のボディーマウントは、アッパーデッキに取り付けられたステーにボディーマウントが付いています。

このボディーマウントポジションは、タミヤ製ミニ用ボディー(WB210mm)のボディーマウントポジションの位置となっています。なのでタミヤ製ボディーを搭載する場合は、ポンチマーク通りに穴あけを行えばいいと言うスグレモノなのです。
他社製ボディーでもこの穴位置にポンチマークしてあるものなら穴あけも楽々ですね。

ちなみに『カーテン大好きっ子ちゃん』は今度の日曜日にシェイクダウンの予定だそうです。
では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
ミニ用カーペットタイヤが人気すぎて…
どうもです。
人気赤丸急上昇中のM四駆。当社取扱のCARTEN M210は勿論、他社様からも新機種がリリースされてきて今最も要注目のカテゴリーでは無いでしょうか?
今月号のRCマガジンにも『Mサイズシャシーの新潮流』として特集記事が組まれてますね♪

そんなM四駆カテゴリー人気のせいかカワダのミニ用タイヤの売れ行きが好調です!!

今日紹介するのはカーペット路面で抜群の走行性能を発揮する『TUM43M ミニ用タイヤ カーペット用・ミディアム:2個入』です。

このタイヤがM四駆をカーペット路面で走らすのに最高なのです!!
ミディアムタイプのコンパウンドなので減りも少なく、ロングライフな所もお薦めポイントの一つです。実際DAYZさんで相当数走ってますが未だタイヤの減りも無く、『一生使えるんじゃない?』って思えるほど減りが少ないです。
グリップレベルも申し分なくて走り始めからウォーマー、グリップ剤無しでもフルグリップですよ♪(勿論グリップ剤を塗れば更にタイムアップ間違いなし!!)

実際に僕が走りまくってるカーペットタイヤ。
DAYZで相当走っていますが減りも少なく非常に良いコンディションを保っています。

ハイグリップなカーペット路面で走らせる場合は付属のスポンジインナーではなく、少し肉厚の『TUM42W インナースポンジ・ワイド7.5mm:4個入』がお薦めです。標準インナーよりも1mm肉厚にすることによりコーナーでの失速感が減り、スムーズなコーナーリング特性になります。
合わせるホイールは『TUM27K ミニ用VXホイール 黒』『TUM27 ミニ用VXホイール:2個入』がベストマッチします!!


ただ残念なことにこのミニ用カーペットタイヤ、ここ最近の急激な人気の為、本日SOLD OUTとなってしまいました…。M四駆ブーム到来を感じざるを得ません!!
本日大至急生産手配致しましたので入荷まで今暫くお待ち下さい。

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)

そー言えばヤツは使っていた。
Kathleen Scanlan>2/14