KAWADA BLOG

Nov/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
ラジ天名古屋16周年レース
どうもです。
昨日(11/12)に行われた『ラジコン天国名古屋店16周年記念レース』に参加してきました。
50名オーバーの参加者で大盛況です!!

ラジ天名古屋の周年レースですが『カワダのダーッ!!』で記念撮影。(ご協力ありがとうございます。)宮田さんが担任のクラス写真っぽくも見える(笑)


オーナーの祖父江さん(写真右)からのご挨拶
ラジ天名古屋スタッフ、ほのぼの森田くん(写真中)
今回のレース進行は、信頼の荒川さん(写真左)


周年レースでは、あらゆるカテゴリーのレースが開催されます。
開催クラスはこんな感じ。
●ウイリー
●WGT
●F1スケール(ゴム)
●タミチャレ
●1/12ストック
●17.5スポーツ(TC)
●F1GP(スポンジ)
●1/12モデファイ
●FWD
●17.5ストック(TC)
●21.5チャレンジ(TC)

ピットは満員御礼。

コースはこんな感じです。2Fのピットエリアからそのまんま操縦台に行けるようになってます。車置きに行くのに一回降りんといかんけどね。


僕は1/12ストックにエントリーしました。マシンはもちろんM300FX4

先週の練習では、鳴かず飛ばずな感じで、あんまり手応え無し。
特に対策も浮かばず、そのままの仕様でレースに挑みます。まー何とかなるかなぁと言う甘い考え。

何でもウチの清水くんは、金曜日が仕事が休みになったらしく、金、土と練習をしたらしい。
LINEで送られてきたタイムを見ると先週の僕のベストよりも1秒も速い…。
先週の段階でも全く歯が立たん感じだったけど、ぶっちぎり感がパ無い。
稀に見る絶望感…。おんなじ車なのになぁ。
あんまり考えるとやる気無くなっちゃうから、清水くんは『別の生き物』と言う設定にしておいた。

【練習走行】
練習走行は、時間が決められていて1回だけ走行することができました。
先週から大した対策はしていませんが案外調子がいい。
清水くんはぶっちぎりのタイムで周回してますが、他の皆んなは似たり寄ったりな感じかなぁ。僕は、のらりくらり淡々とぶつけずに走る感じの安全運転。他の人は、案外吹っ飛んでいたのでラップはそんなに速くないけど、予選は淡々と走れば案外良いとこ行くかも。

そんなに速く無いと思っていたんだけど12秒フラットが出ていて、先週の自己ベストよりも0.2も速いタイムが出ていました。多分路面が良いからだけどね。

【予選1回目】
『安全第一』のスローガンを掲げ望みます。
最近のレースだと、ありがたいことに走行前に1〜2周タイヤを慣らす習慣があるのでこの段階でハンドリングを確認。車はコントローラブルでいい感じ♪

出走順は3番手、後方5番手は清水くん。早々に避けなあかん…。
車はスムーズです。淡々と走るぜ!!と思った瞬間。コース右下のヘアピンでゴロンチョ。
マーシャルさんのお世話に。あー1周目からやっちまった…。一気にドベチン。

車は調子良いと思ったのに…。暫く周回を重ね、おんなじ所をおんなじように走ってもコケる気配は無い。多分走り始めでタイヤが馴染んで無かったんだな?

ペースアップして少しでも順位を上げないといけません。
ラップは、まーまーいい感じで徐々に順位を上げて行き3位まで浮上。
2番手は菊イケ師匠。その差5秒程らしいけど中々縮まらんくってそのまま3位ゴール。
トップは清水くんでその差なんと3周。 別次元。別の生き物。えげつない。大人げない。(10コ下だけど)

【予選2回目】
さっき車は調子が良かったのでセットはノータッチ。
マーシャルしとったら谷井プロより『井上くんの車、いい動きだねえ』と、ありがたいお褒めの言葉を頂きました。『車は清水くんのより良い動きだよ』と。流石プロ、解ってらっしゃる。 じゃあ何故そんなに差が?ってなって逆に凹む…。

さっきの右下での転倒は、タイヤが馴染んでないだけ。と思い、走り初めは慎重に行く作戦。
1周目、無事クリア。ふ〜。良かった。 これならもうタイヤ馴染んだでしょ!!
2周目、ゴロンチョ…。 だめやん…。全くもっておんなじ状況に…。

アソコ以外は、調子良いので頑張って走ります。
順位を上げていき、何とか2位ゴールすることができました。
しかも11秒8の自己ベストが出てました!!
浮かれてたんだけど、よくよく見たらこのベストって清水くんのアベレージと変わらんやん…。なんなら厳密に言うとちょっと遅いゾ…。 あの紫の人イヤーッ!!

結局予選1回目の菊イケ師匠のタイムを1秒程越せず、予選3位となりました。
転倒が無ければ、2位。さらに清水くんがいなければTQ と無意味な妄想をしてみた。

ここが問題のコース右下のところ。



【決勝】
決勝も車はノータッチ。変更なし。
予選2回目の感じだと、車のペースは、まーまーいい感じ。
TQの清水くんは、よっぽど大事故を起こさん限りまず無理。速すぎて逆にOUT OF 眼中。
師匠を交して2位ゴールが目標。
ちなみに後ろはKEN HARADA。今回はF1に傾向していたため、12はちょっと疎かになってた模様。

緊張のスタート。
前の師匠が何がモジモジしとる。ぶつけるのもアレなんで躊躇してたら、後方のKENさんに持ってかれた…。(あとで聞いたらデフが滑っとったらしいです。)
いきなりレースプランが崩れた。 
必死に追いかけたいんだけど、ハンドリングが怪しい。若干前勝ち。(そう言えばレース前に田崎氏がフロント塗りすぎやろ!!って言っとったなぁ)
問題の右下。 心配だもんでそろ〜り慎重に行くけど、浮くね〜。
ここは危険なので流すポイントにしました。 ペースを上げたいんだけど、他のコーナーでも怪しい雰囲気。もうちょっとハンドル切りたいんだけど、切ったらやばい雰囲気がプンプンです。切りたい感じの7割位の感じで控えめにハンドルを切ります。
そんなんしてたら当然ですがKENさんに引き離される。
どちらかと言うと後続車が近づいて来る感じになってきた。
切るに切れないもどかしさ。コケたらアウトなので慎重にひた走ります。
結局攻めきれず3位ゴールでした。


レースの合間にピットウォークして、カワダユーザーさんの写真を撮ってきましたよ。

いつもの『だもんで一派』の清水くん、菊イケ師匠、KEN HARADA氏
最近は、まとめて撮るシステムでコストカット。


清水くんのFX4
上のアルミシャーシはモデ用。下のカーボンシャーシがストック用

ストックとモデのダブルエントリーなので真空引き用の容器が4個もありますね。
この中はグリップ剤でデロデロでまさに沼状態です。
オンザレール用の瞬間は1/12の場合は写真に写っている刷毛塗りタイプの低粘度のヤツがお気に入りとのこと。WGTの場合は高粘度のポーターがお薦めらしい。オンザレールも奥が深いなぁ。(ちなみに僕はオンザレール無し。だもんでコケるんか。)


菊イケ師匠のM500WGT(FX4は撮り損ねた。)


KENさんのFX4


WGTで見事TQ&WINを決めた友翔くん。ホントうまくなったなぁ。確実に僕より速いです!!

友翔くんのM500WGT

F501NSでF1スケールにエントリーの茂木さん。

茂木さんのF501NS


WGTクラスに参戦の神谷くん。IRCC2017WGTクラス優勝の人

神谷くんのM500WGT-X

WGTクラスに参戦の門木さん。

門木さんのM500WGT

他にも居たらゴメンナサイ。ピンクいボディーのF500がいた気がしたんだけど見つかりませんでした。


そう言えば、21.5チャレンジで圧倒的な速さでTQ&WINを決めた三橋料理長のマシンには、カワダグッズが多用されてました。

TU63L ポルシェ軽量ボディー
ラジ天名古屋さんで圧倒的なシェア。ラジ天最強のスケールボディーと言っても過言じゃない!!
TC用スパーギヤ超硬ジュラピニオン
他社のスパーギヤだとバックラッシュが均一じゃないらしいです。カワダのにするとトップスピード、転がりが向上するとのこと。カワダピニオンとの組み合わせは最高との事。
BIR26 Rスペック・ボールベアリング
高精度のモーター用のベアリングにすることにより、スピードの伸びが良くなった。耐久性も抜群。
その他にもセンサーコード、バッテリーパッド03、チタンビス等などカワダグッズを愛用してくれてますね。

料理長、初優勝おめでとうございます!!

そう言えば表彰台の写真があった。

1/12ストック

1/12モデ

弟子の清水くんがダブルTQ&WIN。

友翔くんが優勝したWGTのやつ撮り損ねてた!!しまった〜。


レース終了後には豪華賞品が参加者全員に贈られました。
ラジコン関係の物はもちろん、テレビ、家電、お米、等など豪華です!!
周年レースだから祖父江さんも大盤振る舞いですな〜。

気になるよね〜。


閉会式の時に何故か祖父江さんが不在(笑)で〆の挨拶は何故か森田くん(笑)


ラジ天名古屋の祖父江さん、スタッフの皆さん昨日はありがとうございました。
楽しいレースでした!! また来年も是非参加したいと思いますので宜しくお願いします!!

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
order safety tofranil overnight usa>11/19