KAWADA BLOG

Sep/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
マシンカットスパーギヤがGOOD!!
どうもです。
今日はカワダのお薦めアイテムを紹介します。
今日紹介するのはマシンカットスパーギヤです。

1/12スポーツクラス全日本選手権に参加の方には特にお薦めですよ!!ストック用のスパーギヤはこれしか無ですぞ!!

このスパーギヤはその名の通り機械加工により削り出しされた高精度スパーギヤです。
削り出しなのでメチャクチャ精度が良いです!! 真円度は抜群でまん丸です。

バックラッシュを合わせる時、通常の成形品のスパーギヤの場合、ギヤを回転させていくと、どうやっても僅かにキツくなるところとユルクなるとこができて何となく全体的に無難な位置を探って位置を決めると思います。
しかしこのマシンカットスパーギヤの場合は、一箇所でバックラッシュを合わせておけば、回転した際にどこで噛み合っても常に均一です。ビシっと常にベストなバックラッシュを保つことができるのでスムーズで静かなのです。

スパーギヤ自体の厚みにも拘っているのでスパーギヤが左右に移動したり踊ってしまう様なこともありません。歯が踊らないので必然的に歯の持ちも良くロングライフですよ。

重要なギヤの歯形状も削り出しなのでコレ以上無い高精度な仕上がりです!! ピニオンギヤは勿論カワダ製ピニオンギヤがベストマッチしますよ♪

削り出しなのにデフボールが落ちないようにコダワリった穴形状です。(外側の穴のみ、内側は貫通です。)

削り出しでこんな風にデフボールが落ちないように拘っているのはカワダだけじゃないでしょうか?こんな少しのコダワリだけで使う際には物凄く便利なんですよね〜。
デフボールがポロポロ落ちたらイライラしちゃいますもんね。優しい設計だね♪

このスパーギヤ、DDカーでの使用を最も意識しているのでデフボールがいっぱい入ります。
昨今のハイパワーモーターにも十分耐えられますよ。
デフボールの入れ方も人それぞれ好みがあって聞いてみると面白いですね。結構使っているデフルーブの特性(ねっとりタイプとかサラサラタイプとか色々あるもんで)でもボールの入れ方の好みが違う気がしますね。

【18個全部入れちゃう派】
これは最もデフが滑りにくい使用方法です。ハイパワーモーター使用時や重たい路面でパワーを掛けたい時なんかはデフボール18個が良いですね。僕はモデの時は18個全部いれます。(モデで使う大きさのマシンカットスパーはラインナップに無いけどね)


【2個入れて1個飛ばす派】
全部入れるとちょっとデフが重いかな?って言う場合はこんな風に2個入れて1個飛ばす入れ方がお薦めです。スムーズさとカッチリした感じが絶妙に調和します。


【1個飛ばし派】
これが一番軽い動きになります。軽い作動でスルスルです。
ただこれだとハイパワーモーターの場合はちょっと不安ですね。
僕は1/12ストックの場合はこの仕様で使ってます。スムーズなコーナーリングですよ。


一度使ったらヤミツキになるスパーギヤですよ。
値段は、1枚1,000円と少しお高めの設定ですがそれを裏切らない価値があります!!
高いけど成形品のスパーよりも持ちが良い(ロングライフ)気がします。僕も長いこと使っているけどスパーギヤを交換した記憶が殆どありません。してないかも…。
高いけど長く使えるから結局安く済んでると思います。

スパーと言ったら川田模型。究極のスパーギヤがここにありますぞ!!
これ以上の物はありませんよ!!

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
dhcpd order>9/23