KAWADA BLOG

Jun/2018 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
新製品出荷開始しています。
どうもです。

新製品の『RSF70 ウレタンバンパー・ラージ』『KF17G サス・スプリング L=6.5(緑)』『KF17K サス・スプリング L=6.5(黒)』の出荷が本日より始まりました。

地味なんだけど効果的なアイテムですので是非お試しくださいね♪

ここでウレタンバンパー装着時のお薦めのTIPSを紹介します。

RSF70ウレタンバンパー・ラージを装着した所。

そのまま付けると…ボディーマウントの座の部分が干渉して少し浮いた状態になります。
バンパーが浮いた状態だとボディーに干渉する部分も増えるため、干渉部分をカットする量も増えてしまうので先端がペラペラになってしまいます。

このままでも問題無いと言えば無いのですがせっかくなんでシャーシに接するまで下げたいです。

方法はボディーマウントの座の当たる部分をくり抜くだけです。(当たり前ですけどね)
一旦ウレタンバンパーを取付けます。少し上からギュッと押すと丸く跡が残ります。
この部分をくり抜けば良い訳です。

デザインカッター等で丸い跡をなぞる様に切り込みを入れます。その後、今度は刃を寝かせて穴の内側からカットすると綺麗にくり抜けます。

こんな感じです。若干雑ですが見えなくなる所なのでOKです。

ピッタリシャーシにフィットしました。


お次はボディー干渉部分をカットする方法です。
新しいカッターナイフの刃で作業するとやりやすいです。

何となくボディーフロント部分の形状を意識しながら斜めにカッターを入れてカットします。
出来るだけボディーにフィットさせたいのでボディーに合わせながら少しずつ慎重に作業してください。

…でまー大体少しギザギザな仕上がりになりますよね。写真はガッカリな感じになるようにワザと下手っぴにやりましたが(ウソ)

そんな時は、少し荒目のサンドペーパーで表面を整えると仕上がりが良くなります。
今回は手元にあった#180のペーパーで作業しました。

少しペーパーで仕上げただけですがまーまー見れる位になりませんか?
もう少しペーパーを掛ければかなり綺麗に仕上がります。
表面が毛羽立った場合はライターの火を軽く当てると綺麗になります。(※火を使う作業なので慎重に作業してくださいね。)

当たり前っちゃあ当たり前の作業ですが参考にしてみて下さい。
『もっと良い方法があるよ』って方はやり方教えてくださいね♪

このウレタンバンパーを使用すると軽量ボディー使用時にボディー前側が垂れ下がり、路面と干渉するのを防いでくれます。また硬めの材質(RSX70と同じ材質)で大きな形状なのでクラッシュ時にボディーへのダメージも軽減します。
お薦めのウレタンバンパーですのでFX4ユーザーの皆さん是非お試しください!!。

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
pharmacy buy valtrex uk>6/18