KAWADA BLOG

Apr/2020 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
カワダカップ開催延期のお知らせ

どうもです。

非常に残念なのですが5月17日にDAYZさんで開催予定でした『カワダカップ2020 Round1』ですが延期とさせて頂くことに致しました。
世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスを鑑み、参加者の皆様の健康・安全面を第一に考慮して、今回は延期とすることベストだと判断致しました。

参加を楽しみにしていた皆さんには大変申し訳ありませんが何卒ご理解頂ければと思います。
僕も非常に楽しみにしていたので延期することはとても残念なのですが、中止な訳ではありません。必ず日を改めて開催します!!
状況が回復次第、延期の日程を整えて、皆様にお知らせさせて頂きます!!
それまで新型コロナウイルス対策をバッチリして、カワダカップの開催をお待ちください!!

宜しくお願いします。

では!!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
Pラバーコンビ
どうもです。

昨日発表した新製品の1/12用リヤタイヤ・Pラバーコンビについて紹介します。

D1R630 Pラバー・リヤタイヤ・30度 コンビ:4個入

1/12用のスポンジタイヤって各社から様々なものが発売されていて複雑な感じがしますよね。
最近では異なるコンパウンドを貼りあわせた『コンビタイヤ』もあって、1/12を始めたばかりの方から見たら余計に分かりにくいですよね。

当社でも色々なコンパウンドのタイヤを発売していますが、今まであったコンビタイヤが『CXSコンビ』になります。

D1F435 CXSラバー・フロント35度 コンビ : 4個入
D1R435 CXSラバー・リヤ35度 コンビ : 4個入

こちらのタイヤは、スポンジ系(粉系)のCXSタイヤとゴム系のLバーを貼り合せたタイヤで主にハイグリップ・カーペット路面と非常に相性の良いタイヤです。
タイヤの組み合わせは、前後CXSコンビでも良いですが、路面によってはフロントのみCXSにしたり、曲げたい場合はフロントのみLラバーにしたりします。


で新製品のPラバーコンビですが、こちらは低グリップ路面で抜群のグリップを披露するPラバーと柔らかめのLラバーを貼り合せたタイヤになります。
このタイヤは、リヤグリップを向上させながらも程よいリヤスライドもある、何とも絶妙な特性となっています。

【Pラバーコンビはこんな路面にお薦め】
●レイアウト変更直後などで路面グリップが上がりきらないカーペット路面
●路面にグリップ剤は乗っているんだけど、なんだかグリップが上がらないカーペット路面

要するに『本来はハイグリップ路面のずなのに路面が食ってない』場合にお薦めのタイヤです。 もっと簡単に言うと『低グリップなハイグリップ路面』です。(余計に分かりにくいかな?)
一概に『どのレベルの路面グリップの時に良いですよ』みたいに言えないので説明が難しいのですが、イメージとしてはハイグリップ路面時にリヤCXSコンビがマッチするような路面が、思うように路面グリップが上がらない場合にお薦めです。

組み合わせるフロントタイヤはLラバー30度がベストマッチします。

『今日は路面グリップが悪いよねぇ』と言った場合に是非一度『Pラバー・コンビ』をお試しください!!
リヤグリップを向上させつつ自然なリヤスライドのCRAZYグリップですよ!!

発売は4月下旬を予定です。

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
ヨコモYD2にジャストフィット
どうもです。

新製品のドリフト用Li-Poバッテリー『DoriBari(ドリバリ)』が登場します!!

LBA150 ドリバリ 7.4V 3700-100C 5,500円(税抜)

『DoriBari(ドリバリ)』は、スロットルのツキの良さと、フラットに吹け上がるパワー特性の両立を実現したドリフト走行に最適な特性の高性能Li-Poバッテリーです!!

このバッテリーのサイズですが、人気のヨコモ製YD-2のバッテリーホルダーにジャストフィットする『ショートSサイズ』となっています。

ショートSサイズは、1Sサイズに比べてケースの長手方向に2mmほど長いバッテリーです。


<ショートSサイズ>LBA150のケースサイズ:95×46.5×18.5mm
<1Sサイズ>LBA074のケースサイズ:93.0×46.5×18.5mm

1Sサイズの搭載だとバッテリーホルダーに対してガタが出てしまうYD-2にも、このショートSサイズの『DoriBari(ドリバリ)』ならバッチリ搭載可能です!!

また、ショートSサイズの『DoriBari(ドリバリ)』は、1Sサイズのバッテリーに比べて平均放電電圧が高くパワフルな特性です。ケースが長い分、容量も大きく、実容量で3700mAhオーバーを実現していますよ。

ドリフトユーザーの皆さん、バッテリーはカワダの『DoriBari(ドリバリ)』で決まりですよ!!

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
アンプの設定で楽になったよ。
どうもです。
今日は天気が悪くて昼休みにGT2を走らせられませんでした…。

そう言えば金曜日に書こうと思っていて、すっかり忘れてしまっていた事がありました。
テストコースに比べ圧倒的にグリップの良いDAYZさん。しかもモーターは30.5ターン仕様なので、マイGT2のアンプの設定をイケイケ仕様(〇Sでは無い)にしていました。

そんな事をすっかり忘れて、モーターを21.5Tに、ピニオンを5枚上げてDAYZ仕様よりも大分パワーアップさせた状態でテストコースを走ったもんだから、走り出しがシビアで難しかったです。
そこでアンプ(ちなみにアンプは旧型のヨコモSP3です。)の設定で『Start Power』の項目を『Highest』から『Normal』に戻しました。

変更前は、『そろーり』とスロットルを開けていましたが、変更後は割とラフに扱っても車が素直に加速していくようになりました。
ちょっとしたことで、車がかなり扱いやすくなりますね。

低グリップ路面で走り出しがシビアだなぁと感じる場合は、アンプの設定を下の出方が穏やかになるように変更してみると良いかもしれませんね。

では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
花粉まみれでも
どうもです。
今日は天気が良かったので、久しぶりに昼休みにテストコースでM300GT2を走らせました。(先週ラジコンやってないので疼いちゃって疼いちゃって)

暫くテストコースを走ってなかったので、路面グリップはあまり良くなかった(基本的にいつも低グリップですが…)ですが、M300GT2は相変わらず調子良く走ってくれてました♪
グリップ剤もウォーマーも無し、電池を充電するだけのお手軽ラジコンでこんなに走るなんて中々できたヤツです!!

走り終わった車は、予想以上に花粉まみれで流石にビックリしました。

M300GT2は、パーキングロットの様な低グリップ路面でもバッチリ走行可能ですね。
ちなみにタイヤはカワダのKM20(TUM4020)を使用しました。恐らく路面温度とあってないと思いますが…。今だったらKM28(TUM4028)ぐらいが良いのかなぁ?


お問合せの多いM300GT2ですが、次回ロットは連休前に間に合うかどうか微妙な感じとなっております。(できれば連休前に出したいなぁ)
予定が分かり次第、お知らせさせて頂きますので今しばらくお待ちくださいね。

オンラインショップでも予約を受け付けできるようにしましたのでお近くの模型店様での購入が困難な方はご活用ください。
日記 : comments (x) : trackback (x)
I-6Aはここに入れます。
どうもです。
春風が強くてフサフサの髪の毛が邪魔で邪魔でしょうがありません(笑)

某人気ブログに『I-6Aは何処に居れるんだ!(M300GT2)』というエントリーを見かけました。また、そこにはフロントのキャンバーについての記載もありました。

せっかくなのでマイGT2のキャンバーも一度確認してみました。
<右>0.3度位かな?

<左>0.6度位かな?

左右で差がありますね。右が少なく左が多いです。
大体原因は分かっていますので一度車高を計ってみます。ここで言う車高は前後の車高では無く左右の車高です。

<右のシャーシ真ん中へん>5mm

<左のシャーシ真ん中へん>5.4mm

<右のシャーシ後ろのへん>5mm

<左のシャーシ後ろのへん>5.7mm

右の車高が低くて、左の車高が高いです。
車を正面から見た時に全体的に右に傾いてる(捻じれている)っぽいです。
キャンバー調整機能の無いエリオットサスの場合、左右の車高の差がそのまま左右のキャンバーの差にもなってしまうので注意が必要ですね。


このようなシャーシのねじれは、ネジをねじ込む際に発生しやすい気がします。
M300GT2の様なパンカーの場合、ツーリングカーのようにアッパーデッキを持たないので余計にねじれの影響が出やすいと思います。
また、M300GT2はメインシャーシの板厚も2.1mmのFRP製なので、ねじ込みの際に強くねじ込むとシャーシが捻じれやすくなります。
解決方法としましては、以前紹介したように樹脂パーツのネジ穴をタップ加工すると良いと思います。タップ加工をするとねじ込みの際に必要以上に力を入れる必要が無くなり、シャーシの捻じれが発生しにくくなります。
僕はタップを立てる際、最後まで完全にしっかりタップを立てています。
まー今回はそれでも少し捻じれちゃってましたけどね…。

実は、この車を組み立てた際にはしっかり車高を合わせキャンバーも左右であっていることを確認していたので、恐らく走行を重ねるにつれてシャーシが歪んで捻じれが残ってしまったのではないかなぁと推測しています。

…でおもむろにシャーシを逆方向にグイグイを捻じってシャーシを整体しました(笑)
少々荒っぽいですけど、この作業で大分歪みが解消されましたよ。

<右のシャーシ真ん中へん>5.4mm

<左のシャーシ真ん中へん>5.4mm

<右のシャーシ後ろのへん>5.5mm

<左のシャーシ後ろのへん>5.4mm

あとフロントのリバウンド量も左右でチェック



<矯正後のキャンバー右>0.4度か気持ち少ない位かな?

<矯正後のキャンバー左>だいたい0.4度位かな?


シャーシをクイクイやったら、ほぼ左右のキャンバーが合いました。
今回はセッティングゲージを使って確認しましたが一般的なキャンバーゲージでも十分確認できます。

実際はここまでシビアにやらなくても、左右の違いはほとんど分からないと思います。
左右の車高の高さに違いがある僕のM300GT2を色んな人に運転して貰いましたが、恐らくそんなこと誰も気づいてなかったと思います。(笑)
もちろん僕は全く気になりませんでした。なんなら『めっちゃ真っ直ぐ走るぜ!!』と思ってました。(鈍感ですね。)

こういうのは気になりだすと凄く気になるようになっちゃいますよね。分かるわ〜。
左右で極端にキャンバーが違う場合は、『樹脂パーツにタップを立てる』『シャーシをクイクイやってみる』を一度試してみてください。
あんまり神経質になってもしょうがないので、実際に走らせてみて、左右でクセを感じないのであれば、シャーシ側のキャンバーが左右で異なっていても気にする必要はありませんよ。


そして本題の『I-6A』の件。

I-6Aの入れる場所ですがダンパーキャップの下です。
説明書が分かりにくくて申し訳ありません。

I-6Aはダンパーケースにオイルを入れる前に所定の場所に、はめておくと作業しやすいです。
写真で入れる場所分かりますか?

次回の説明書には説明を追加しておきますね。

僕からのアンサーソングでした(笑)
では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
バッテリーパッド03活用法
どうもです。
ブログネタが枯渇してきているのを察知してか、清水くんが気の利いたLINEを送ってきた。
このブログを見て僕の状況を汲み取るとは…。さすが弟子(笑)

そんな清水くんがそっと教えてくれたのがSK70 バッテリーパッド・ゼロスリーの活用方法です。
本来はシャーシのバッテリー搭載部分に貼って、バッテリーの滑り止めとして使う極薄の滑り止めシートなんですがこのゼロスリーを5mm幅くらいに細長くカットします。

それをどうするかと言うと、モーターコードを束ねるのに使うらしい。

なんでも『粘着するから収縮チューブみたいに移動しちゃわないし、収まりが凄く良くなる』とのこと。
確かに極薄の糊付シートなんでコードにしっかり密着して塩梅が良さそうじゃないか。

んで早速マイFX4に採用することにしました。

【ビフォー】
一応意識して綺麗にはしているつもりなんだけど、気を抜くと3本の線が何となく、わがままな感じ。

【アフター】
あら、どうでしょう?何ともスッキリしたじゃないですか!!
束ねてもリヤの動きに影響はなさそうでいい感じです!!


モーターコードをスッキリ纏めたい方、SK70 バッテリーパッド・ゼロスリーを活用した『アキヒロ縛り』お薦めです!!

あとこちらも清水特派員からの情報。
ラジコン天国名古屋店さんに市場で品薄のM300GT2のキットがあるそうです。

もしM300GT2をお探しの方がみえましたらお問合わせしてみてはいかがでしょうか?
(写真を良く見るとWGT-Xもあるじゃないですか!!)
ラジ天名古屋さんでは通販も行っていますので遠方からの注文も可能ですよ。
オンラインショップには掲載されてないかもしれませんのでお電話にてお問合せしたほうが早いかもしれません。
(こちらの在庫情報は、ラジコン天国名古屋の祖父江さんに許可を得て掲載しています。)


では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
全然関係ないけど
どうもです。
ネタが無いので今日はどーでもいい話です。

大分暖かくなって、いかにも『春』って感じになってきましたね。
僕は寒いのが嫌いなので(ちなみに暑いのもイヤ)
桜を見ると『冬が終わった感じ』がしてとても好きです。

写真は朝のゴミ捨てがてら撮った近所の小学校の桜の木。
なんだか花の量が少ない気がしますがいつもこんなもんだっけ?どーでもいいですね。


こっからはさらにどーでもいい話。
春と言うとの花粉のシーズンでもあります。
2月〜3月が『スギ』の花粉、4月が『ヒノキ』の花粉が多く飛散するそうです。
ちなみに先日アレルギー検査をやったんですが、僕は『スギ』のアレルギーがあるみたいです。『ヒノキ』のアレルギーは無かったです。

んで、春になって車のエアコンが動き出すと大体毎年臭い匂いがしてきませんか?
匂いが気になるので大体この時期になると車のエアコンフィルターを交換しています。

写真は1年間使用したエアコンフィルター。
埃みたいのがいっぱい詰まっています。

交換するのはこのフィルターです。

あんまり詳しくは無いですがこのフィルター色々な良からぬものを吸着してくれるっぽいです。

交換後は嫌な臭いも無くなって快適になりました。
ちなみに『ヒノキ』の花粉症のウチのワイフ。
エアコンフィルター替えたら、車内ではくしゃみや鼻水などの花粉症の症状は出ないです。
車の外に出ると症状が出るのでフィルターの効果は効いてるっぽいです。

『そういえばフィルター替えてないや』って方が見えましたら、この機会にエアコンフィルターを交換してみてはいかがでしょうか?
花粉症の方でしたら、今回使用した『MANN FILTER』ってやつが良いかもしれません。(車種にもよると思いますが僕のはAmazonで2,700円位でした。)

だでなんだ?ですね。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
清水くんM300GT2シェイクダウン
どうもです。
昨日家でゴロゴロしていると清水くんからLINEが入りました。
『GT2よー走るで!!』と。

どうもDAYZさんでシェイクダウンしたらしいです。
キット標準でも良く走るけど、フロントスプリングをオレンジにしたら更に良くなったって言ってました。

ちなみにオレンジはキット標準のブルーよりも2ランク柔らかいバネになります。
僕が試した感じだとハイグリップ路面なんかだとオレンジ(柔らかく)にすると運転が楽になりますね。(マイルドに丸く曲がる)
逆にワンランク硬いホワイトにすると初期でグイグイ反応します。(初期がシビア)

逆にカワダのテストコースみたいな低グリップ路面だと、フロントを柔らかくすると曲がるようになって、硬くすると安定すると思います。
低グリップ路面の場合は、フロントを柔らかくするとリヤが足りなくなり運転が難しくなることもあります。

バランスが取りやすいスプリングがキット標準のブルーですがドライビングスタイルや路面状況に応じて他のバネを試してみると面白いと思いますよ。
GT2は良い意味でセッティングポイントが少ないので、物を替えた際の変化が分かり易いのがいいですね♪

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
春ですね。
どうもです。

今日は春らしくポカポカと暖かいので久しぶりに屋上に出てみました。
その昔、この屋上で夏場に仕事をサボって裸で日焼けをしていたら、気付かずに鍵を掛けられ、炎天下のなか閉じ込められるという事件があったそうです(笑)

写真は、川田模型の屋上から見た豊橋総合動植物公園のんほいパークです。
ちなみに『のんほい』とは『ねえ、ちょっと』みたいなニュアンスのこの辺りの方言です。
ネイティブな僕でもさすがに『のんほい』は使いませんけどね。

動物園からはジェットコースターに乗る楽しそうな悲鳴が聞こえてきます…。(このご時世にええんかなぁ)

遠くの方に桜が見えました。春が来た!!って感じですね〜。

週末は花見にでも行きたいんだけど、家でおとなしくしてよっと。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)

明日は
Lara>9/02