KAWADA BLOG

Apr/2017 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
アレをやってきます。
今日はアレの走行確認してきます。
楽しみだなぁ〜。
日記 : comments (x) : trackback (x)
JDR優勝マシン
どうもです。
先日紹介したJapan Drome Raceのスーパートラッククラスで優勝した伊藤くんがわざわざ車を持ってきてくれたのでありがたく写真を撮らせてもらいました。
伊藤くんありがとね〜。

これが優勝した伊藤くんのM500WGT(金子スペシャル)

ボディー天井は擦れた跡でガサガサです。生々しいね…。

フロントサスは超ロングアッパーアームの『金子足』。AアームはCRCのロングアッパーを流用。
ロアサスはFX4にも採用されているRSD40を使用してます。
ポストを連結させ、ストラットバーにして剛性をUPさせとりますな。

ピッチングダンパーはポストで延長しロング化。最近12で流行ってる手法ですね。
バネは線径が太い硬いバネ。巻が変則的に見えるな…。プログレッシブタイプかな?
ダンパーブリッジを逆向きに付けてダンパー取付位置を前にしてますね。
コードは通電性に優れるSK65ジョニーを使ってくれてますね。

少し写真では見えづらいですがボールシートはFX4用の最新タイプ(RSF34)に変更してます。
ガタ無くスムーズでお気に入りとのこと。
ちなみにこのボールシートは当社製リンクサス車全てにポン付け可能です。この部品にアップグレードするだけで走行性能がアップします。お薦めアイテムです!!

オリジナルステーを介してクーリングファンを搭載。
激しい戦いだったのかファンの羽が無くなっちゃってますね…。
アッパーブレースはネジ1本留め。剛性のセッティングか?…な訳無いね。これもどっか行っちゃったんだろうな…。

シャーシは金子スペシャル。
ボディーのバタつき防止のポリカ製ステーがありますね。ステーとボディーの固定はマジックテープ。

ちっこいスパーにデッカイピニオン。スパー70T、ピニオン59Tだそうです。
修善寺を100周走る用とのことです。

モーターの進角はこんなもん。


走ったまんまだったので生々しさ満載。
チャンピオンマシンって聞くとなんだか風格を感じますね。
普段あまりお目にかからないクラスの車をたまに見ると新鮮で面白ですね。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
じゅら〜





いい感じ〜♪
新製品 : comments (x) : trackback (x)
DちゃれにF501WSで出たよ。
どうもです。
4月8日(土)にDAYZさんで開催された『DAYZ夜ちゃれ』の『Dちゃれ』に参加してきました。
前回ほんぐうで初開催だったDちゃれが今回DAYZで初開催。
2週連続のレースになっちゃうのでどうしようかなぁ?と思ってたけど、清水くんの『井上氏出ようぜ!!』と言う少年の様なピュアな誘いに乗っかって参加してきましたよ♪

写真じゃわかりにくいですけどピットは満員御礼です。DAYZさんはピットテープルを広く使えるのでギュウギュウ感が無くて快適♪


レギュレーションをよく見ると『夜ちゃれ』はワークスドライバーは参加できませんという、何とも微妙な項目が…、僕の場合は、カワダ模型の社員であってドライバーって訳じゃないし、休日のプライベートラジコンだからOKとのこと。清水くんもそんな感じでOK頂いて参加させて頂きました!! 小柳津くん、心遣いありがとね!!


今回は発売間近(今日より出荷開始です!!)のF501WSで参加しました。

前回DAYZで走ったので多分そのままで大丈夫なはず。転がす程度で練習は終わると思ってたんだけどメチャクチャ車が曲がって運転がままなりません。
以前来たときは比較的おとなしい路面のときだったみたい。
ここ最近雨が振ってて湿度は高め、レースの日なので走行台数も多いせいか路面が大分良いみたい。
車を撤収してバタバタとセットを変えます。
まずはタイヤ。いつか出たIRCCのレースや練習で使ったZENさんのコントロールタイヤが何セットか残っていたので今回はコレに決め打ち。他は持ってません。車速がおとなしいので大きめのタイヤで大丈夫だろうと48mm位のタイヤで走ってましたが大きいタイヤが難しいみたい?
ちっこくなって、剥がそうかどうか迷ってた小さなタイヤ(45mm位)があったのでそれに変更。大分やり易くなりました。
まだフロントの入りが良すぎるのでフロントのバネを試作のスーパーソフトからオレンジ(RS17O)に変更(硬くした)。これで大分車が落ち着きました。
とは言うもののまだまだアグレッシブ感がハンパないのでもう少しマイルド方向に。
ピッチングスプリングを一番硬いヴァイオレット(RSF15V)から2ランク柔らかいブルー(RSF15B)に。
これで大分良くなりましたがコーナーでのリヤのヌケ感が残ります。
そこでサイドスプリングをホワイト(RSD11W)から更に大分硬いアソシブルーに変更した所、コーナーでの踏ん張り感が出て、車のバランスがとれました。
結局バネは全とっ変え。 ラジコンって路面状況でこうも変わるのね〜。

で予選結果は32周9秒の総合3位でAメイン入り!!
TQは清水くん(ワールドGT/M500WGT-X)、2位はKEN HARADA(ワールドGT/M500WGT-X)。
ゴリゴリのワールドGT2台には負けたもののF501WS良く走ってくれました。

…で決勝は序盤に後方から来る菊イケ師匠のワールドGTに抜かれ、中盤に12GTの岩瀬さんに抜かれ結局ドベチンで終了…。
タイヤむき出しのF1マシンは接触が怖いね。

DちゃれTOP3

優勝は清水くん(ワールドGT)、2位は原田さん(ワールドGT)、3位は菊イケ師匠(ワールドGT)
清水くんは前回のリベンジに成功でご満悦。

Dちゃれ楽しかったな〜。
次回は車なんにしようかな?


決勝の成績は人間力のせいで微妙ですが車は良く走ってくれたので簡単にセッティングを紹介します。微力ですがF501WSご購入されるユーザー様の参考になれば幸いです。

【F501WS DAYZ夜ちゃれ(Dちゃれ)のセット】
シャーシ:F501WS
ボディ:モンテック
ウイング:フロント/KF80W リヤ/TRG
タイヤ:フロント=ZENコントロール 45mm
   :リア=ZENコントロール 44mm(ホントは同径が良いけど、小さくなっちゃった。)
ホイール:ZENコントロール
グリップ剤:指定グリップ剤TC2+(フロント全塗り/30秒、リヤ/20分) 

<フロント>
Fスプリング:オレンジ(RS170 キット標準よりも柔らかい)
リバウンド:車高で0.5mm
キャンバー:−2°
キャスター:シム前0、後ろ2mm(一番寝かせる)
アッパーアームマウント:並行でマウントの下に1mmカラー追加
キングピンシム:ナックル上に0.5mm×3
トー角:アウト1mm
アッパーアームボール向き:座を下向き(キット標準)
ロアアームボール向き:座を上向き(キット標準)
サススペーサー:0.5mm
フロントアクスルスペーサー:0.5mm(左右で1mmワイド)
チューブオイル:なし
サーボ:ミニサーボ(JR-DS3405)
サーボホーン:キンブローミドル
アッカーマン:リンケージがほぼ真っすぐ

<リア>
ピッチングダンパー:ビッグボアダンパー(RSF16
スプリング:ブルー(RSF15B
ピストン:2穴(ピンバイスで穴を2つとも1.2mmに拡張)
オイル:#1000引きで組む
リバウンド:車高で0.5mm
ハイトアダプター:-1(サブアダプターは上側)
リヤトレッド:スペーサー無し

サイドスプリング:アソシブルー
ロールダンパーオイル:#10000(無限)

※ボールシートはRSF34を使用しガチ留め(完全固定)

車高:前=3.3mm 中=3.3mm 後=3.3mm

<パワーソース>
アンプ:ヨコモSP3(点滅)
バッテリー:カワダLBA073
モーター:ヨコモZERO 30.5T(KV1400/レース指定)
スパーギヤ:70T(試作品)
ピニオンギヤ:47T
指数:92
ジャイロ:無し



そう言えば同時開催の12ストックのレースでまだ紹介したことのなかったFX4ユーザーが居ましたので写真撮ってきましたよ♪
FX4発売と同時にマシンチェンジしてくれた伊藤くん。

伊藤くんのFX4

FX4で絶好調の伊藤くんは12ストックで見事Aメインに残ってました!!流石です。
この伊藤くんは先日のJapan Drome Raceのスーパートラッククラスで優勝したあの伊藤くんと同じ人物です。
ブログ見て優勝マシンも持ってきてくれてたのでありがたく写真を撮らせて頂きました。
こっちの紹介はまた後日。

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
FX4用アルミシャーシ出るよ。
どうもです。
FX4用のアルミシャーシが近日登場します!!
RSG01 FX4用7075ジュラ・メインシャーシ

下のCAD画は装着例です。


発売は今月末を予定しています。今から楽しみだぜ!!
サーボ搭載は『フローティング』か『前載せ』になります。
フローティングするには別売のRSF95フローティング・サーボマウントが必要です。
FX4ユーザーなら殆んどの人が一緒に買ってくれてると思いますが持ってない方は忘れずに一緒にお買い求めくださいね。

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
ピニオンケースだで〜。
どうもです。
個人的に最近何故かデッカイピニオンを使う機会が増えてきました。
今まではピニオンの収納にはPH11ZPH12Zで十分まかなえていたんだけど64ピッチ47Tまでしか対応してないみたい。

そんな悩みを収納上手な社長がズバッと解決してくれました。
社長のピニオンケースにはデッカイピニオンが器用に収納されてました。

そう言えばコレ、クリスタル(懐かしい…)の収納だけじゃなくてピニオンもしまえるんだった…。忘れとったわ〜。

『デカイヤツは交互に止めれば入るで〜』とのことです。

蓋が閉まるか心配でしたが…

あら不思議、ちゃんと閉まります!!
ギヤも守れてスッキリ収納可能ですね!!

SK17 クリスタル&ピニオンケース
SK17K クリスタル&ピニオンケース まっ黒

便利なピニオンケース好評発売中です。是非お試しください!!
では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)
F501WS/NS予定より早く発売できそう。
どうもです。
F501WS/NSシャーシキットのパッケージング作業が予想以上に順調に行ってます。
予定では今月下旬頃発売かな?と思ってましたが…

来週には発売できそうです!!

初回分まだ若干余裕がありますのでご入用の方は今のうちにショップへご注文くださいね。

今週土曜日のDAYZさんとこの夜ちゃれ(Dちゃれ)に向けて準備中の
マイF500WSクロスシャーシコンバージョン改めF501WS(呼び方を変えただけだけど)

※ピッチングダンパーはRSF16ビッグボアダンパーに変更しています。

今回はワールドGTじゃなくてF1で行きます!!

どーでも良いTIPSをご紹介。
フロントバルク間にジュラカラーを8mm挟んでおくとクラッシュ時にバルクがズレにくくて良いですよ。ここがズレちゃうと左右でキャスター角が変わってしまうのでこれをやっておくと安心でお薦めです。

僕はシムを更に追加して8.2mm位挟んで少しキツめにしています。
ただこの方法、アッパーアームに角度(迎角)を付ける事ができなくなってしまいます。
僕は平行が好みなので問題ありませんが角度をつけている人はできませんのでご了承くださいね。
では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
全日本選手権参加申込書をUPしました。
どうもです。
JMRCA中京支部のページにJMRCA全日本選手権参加申込書をUPしました。
中京支部から下記のクラスにエントリーされる方はプリントアウトしご使用ください。

 JMRCA全日本選手権参加申込書 電動バギー(PDF形式)
 JMRCA全日本選手権参加申込書 1/12オープンクラス(PDF形式)
 JMRCA全日本選手権参加申込書 1/12スポーツクラス(PDF形式)
 JMRCA全日本選手権参加申込書 電動ツーリングカーオープンクラス(PDF形式)
 JMRCA全日本選手権参加申込書 電動ツーリングカースポーツクラス(PDF形式)

申込には上記書類の他に
JMRCA会員申込・更新用紙(PDF形式59K)
平成29年参加申請書(PDF形式107K)
が必要です。


その他のクラスのJMRCA全日本選手権参加申込書は、クラス毎の申込受付先にて配布される予定です。
宜しくお願いします。
JMRCA中京支部 : comments (x) : trackback (x)
ほんぐうカップに参加してきました。
どうもです。
昨日4月2日(日)に豊川市にあるツインリンクほんぐうにて開催された『ほんぐうカップ』に参加してきました。エントリーしたクラスは今回より始まった『D/Dちゃれ』(通称:Dちゃれ)です。
Dちゃれはダイレクトドライブカーなら何でも参加OK。1/12でもワールドGT、F1、プロ10、M300GTでもヨコモGT500でも何でも来いです。タイヤもスポンジでもゴムでもOKです。レギュレーションでモーターだけはヨコモ30.5ターン(KV1400まで)と決まってます。
ダイレクトドライブカーをリリースするメーカーとしてこれは黙っている訳にはいきませんね。Dチャレはこの日最大の17名のエントリーです!!
この日はタミチャレExtremeと同時開催ということもあって沢山の人が来てましたよ♪
50人近くいたんじゃないのかな?述べエントリーは100オーバーらしいです。
ホングウカップはいくつエントリーしても2000円ポッキリらしい…。食べ放題ならぬラジ放題ですね♪
タミチャレもやってるのでアレですがお約束の『カワダのダー!!』でいかせて頂きました。

マサルボディー大集合。

このイベントを開催するのはトヨカワホビー小柳津くん。ドラミの挨拶です。


いつもはカワダユーザーの写真しか撮らないけど、今回はDちゃれにエントリーしてくれた皆さんの写真を撮ってきましたよ。(後から気づいたけど、全員撮れて無いね…。撮り忘れちゃった人ごめんね。)

今回は社長もエントリー。気合十分です。

社長はいつもJOYBOXで使ってるM500GTにてエントリー。

もちろん清水くんも参加。

清水くんはM500WGT-Xにてエントリー。ボディーはマサル。

最近ノリに乗っている原田さん。

原田さんのマシンはもちろんM500WGT-X。こちらもボディーはマサルです。

菊イケ師匠も当然参加♪花粉症対策もバッチシです。

師匠のM500WGT-X。こちらもマサル。

M300FX4でエントリーの下茂さん。この日初めてお会いしました。見た目とは裏腹に話しやすいオモロイ人♪

下茂さんのM300FX4。ボディーはAMRですね。タイヤは前後カワダPラバー(RSB50RS52)とのこと。

普段DAYZでM300FX4をやってる岩瀬さん。

岩瀬さんは以前使ってたYRX12で参加。タイヤは前後カワダPラバー(RSB50RS52

浜松から参加の佐藤さん。

佐藤さんのマシンはX-RAYの12でボディーは12GT用のマクラーレンかな?

こちらも浜松から参加の内山さん。

内山さんはプロ10でエントリー。HPIのやつかな?

コッチも浜松から参加の鈴木さん。

鈴木さんはF1でエントリー。ZENさんのとこのF1かな?

昨年のIRCCで12GTクラスをM300GTで優勝した北井さんも参加。

北井さんのマシンは京商のプラズマLm。『今回カワダじゃなくてスイマセン』と誤ってくれました。大丈夫ですよ。我々はその辺りは寛大です!!

マニアにはたまらない『ミスター変態』こと安平さんも参加。永遠のラジコン少年ですね。

変態だけあってマニアックなマシンチョイス。ヨコモさんの古いプロ10で参加。

笑顔がナイスな安藤さん!!マイティーフロッグ(風)もよく似合うね♪

安藤さんはM500GT-Rで参加です。ボディーはポルシェだね。

小柳津くんもDチャレに参加。

小柳津くんのマシンはカワダM500WGT-X


【練習走行】
前回来た練習のときは今一パッとしない感じ。
練習走行として1時間30分位フリー走行の時間があったのでスプリング関係を軽く試しました。ちょこちょこ替えてコースに留まる事はできるレベルにはなりました。
言うことは聞くんだけど決して速い感じは無い…。
路面が良くなれば勝手に速くなるさ。と呑気に構えることにしました。

【予選1回目】
僕の組には清水くん、菊イケ師匠、岩瀬さん、あとF1の少年(写真撮り忘れた)が居ます。
Dちゃれの始まりです。
12は、ちっちゃいからギャップで吹っ飛ぶ説も何のその岩瀬さんがトップ。
2番手清水くん、僕は3番手のようです。
走行順的に2位の清水くんは僕の後ろを走ってます。清水くんが中々追いついて来ません。ミスらんようにのんびり走ってる割に『あれ?もしかしてイケてる?』そのまま3位でゴール。トップは12の岩瀬さん、2位は清水くん。

そんなに悪くないかな?と思ってましたが総合9番手くらいでした…。
ちっともイケてませんでした。完全に勘違いブッこいてましたな〜。

【予選2回目】
予選は2回しかありません。呑気に構えてたら案外崖っぷち。と言うか既に崖から転げ落ち始めてるな…。
ピットでどうしようか考えてると何かKV値がどーのこ〜の聞こえてきます。何でもヨコモの新しいモーターは進角目一杯振ってもKV1400にわずかに届かんらしいです。自分のは目盛りマイナス方向に振ってあります。
急いでモーターを外してほんぐう公式KVメーターで測って見るとKV1300しかありません。
少し進角振ってKV1390位に調整し直しました。
これでスピードUP間違い無し!! この伸びしろに期待。
グリップ剤はレッドドットが良いらしい。持ってないから原田さんに借りました。ありがとね。
これで完璧バキューンと行くぜ!!

スタートするとバキューンと行く予定がなんだかモヘ〜っとしてます。
意外とパワーが出てない。何ならさっきの方が良いくらいじゃないか?
慌ててもしょうがないので人間で頑張ります。きっちり丁寧に走って18周のフラットで3位ゴール。19周入りたかったけどちょっと届かず。残念。

【予選の結果】

決して速くは無かったけどノーミスで走りきったのが良かったのか総合7位でAメイン。
良かった〜。
TQはM300FX4の下茂さん。

AメインにはFX4が1台、M500WGT-Xが4台です。カワダ万歳ですな。

小柳津くんの車をハードチェックする清水くん。研究熱心だね。


【Aメイン決勝】
7番グリッドからのスタートですが諦めませんよ。
さっき案外遅かったのでピニオンを1枚落としました。KV値が上がって指数が合わなくなったんじゃとの見解。コレでパワフルくん間違い無し。どう考えても優勝は微妙だけど、表彰台は狙ってます!!

そしてスタートです。
スタート直後前方が少し荒れてる様子?後方の僕には全く分からん。
序盤で前を行く北井さんをスルッと交わして6番手に浮上。
その後クルクルしてる12組をかわして4番手に浮上。
珍しくいい感じに事が進む。
少し前では清水くんと小柳津くんがドンパチやってる。
出来るだけ頑張って離されないように頑張りますがジリジリ離されて行きます。
単独4位で快走中(ラップは遅いけど)
後ろからものすごい勢いで岩瀬さんの12が追いついてくる。ノロマな僕じゃちょっとキツイけど僕の方が順位が良いのでどきません。暫く頑張りましたが少しはらんだところをスルッとかわされました…。現在5番手。

トップはM500WGT-Xの原田さんみたい。まさに進撃の巨人ですな〜。
ちんたら走ってたら後ろからトップの原田さんが来た。ラップ遅れだ…ラインあけんと。
よく見ると原田さんのスグ後ろには6番手の下茂さんがピッタリ付いてます。
これは原田さんにラインを譲ると自動的に下茂さんにも抜かれちゃうヤツじゃん…。あーあ。
原田さんにライン譲ったら下茂さんもおまけで付いてきました…。
何の接触もバトルもなくスムーズに6番手になっちゃた…。
12の下茂さんに追いつける訳もなくそのままゴール。
総合6位で終了でした。

DちゃれTOP3

優勝は原田さん(M500WGT-X)!! 2位は清水くん(M500WGT-X) 3位は岩瀬さん(YRX12)
(小柳津くんは3位ゴールでしたが賞典外みたい)
原田さん速いな。清水くんは心に傷を追った模様…。

初開催のDちゃれ面白かったですな〜。
マシンを選ぶ所から既に勝負が始まってるね。指定モーターさえあればマシンは何でもOKだから出やすいカテゴリーですね。押し入れで眠っているDDカーを引っ張り出して皆さんも是非参加してみてはいかがでしょうか?
ウワサだと12ボディーは禁止(箱ボディーのみ)になるとか言ってた気がしますよ。

次回は6月第1週の日曜日に開催されるようです。(僕はIRCCと被っちゃたので出れませんが)
今週の土曜日にDAYZでも同じくDちゃれが開催されるそうなのでそちらは張り切って参加します!!あっちも出ちゃおっかな?

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
JDRトラッククラス優勝マシン  …と同じ仕様のシャーシ
どうもです。
先日、元ハマキタホビーの金子さんが会社に遊びに来てくれました。
そん時一緒に持ってきたのがコレ。

何でも先日行われたJapan Drome Raceのスーパートラッククラスで優勝した伊藤くんの車  …と同じ仕様の車です。(ややこしい)
話によるとどうも伊藤くんが使った車は、金子さんがこしらえた『M500WGT 金子スペシャル』だったとのこと。
でもう一台組んであったのがコレみたい。
ハマキタホビーと言えばプロ10のメッカとして有名だったもんね。そして確か金子さんもRCワールド主催だったワールドドロームで優勝したことがあるって言ってたような気がします。(確かね。)
なのでそのあたりの車作りのノウハウは流石です。

金子スペシャルオリジナルシャーシです。肉抜きが少なく剛性UPを狙ってます。
バッテリーはシャーシ左側へオフセットマウントするみたい。
中心にうっすら見えるケガキ線が何ともワンオフスペシャル感が漂いますな〜。

足は必殺『金子足』ですね。
通常はサスプレートを固定する為のM4ナットの所を先端をちょん切ったロアサスとアッパーアームマウントで固定。CRCのロングアッパーアームを流用して超ロングアッパーアーム化してます。ロアサスは旧型のコッチを使ってます。M500WGT-XじゃなくてM500WGTの標準サスアームです。

後は至って普通のM500WGT。モーターマウントは、WGT-Xと同じ黒いヤツに変えてあります。
ピッチングのバネは、僕は一度も使ったこと無いような硬いバネが付いてました。ドローム仕様はピッチングが硬いね。

ボールシートはFX4用のRSF34を使用。流石ツボを抑えてますな。

ドローマーの皆さんにとっては、使ったモーターとかバッテリーとか指数とかが気になるんでしょうが残念ながらガランドウなのでさっぱり判りません…。
今度伊藤くんにあったら聞いておきます。(伊藤くん、ラジコンやるときは車持ってきてね。会うかどうか分からんけど。)

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)

オールナイト・シルバーストーン
cheap lasix american express internet>4/24