KAWADA BLOG

Apr/2020 Back <<<
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>> Next
DAYZ夜ちゃれ
どうもです。
3月21日(土)にDAYZさんで開催された『夜ちゃれ』に参加してきました。

久しぶりのレースだなぁとブログを読み返してみると最後のレースは、11月3日のラジ天名古屋さんの周年レース、12のレースは、7月27日のDAYZ夜ちゃれが最後みたい…。

超久しぶりのレースは、予選5位でBメイン(ちなみにAメインは予選3位までの狭き門)
Bメイン決勝は、運よく優勝してAメイン勝ち上がり。(1位と2位が勝ち上がり)
5台で争われたAメイン決勝は、3位争いに敗れ4位…。(優勝はFX4の大戎さん、流石ッス!!)

…とイマイチパッとしないレース結果でした。

Aメイン決勝後のマーシャル時の一枚(『DAYZで過ごす休日☆彡』より拝借)
撃沈でグッタリでござる…。


あまりに不甲斐ないので今度の日曜日AKIHIROが一緒にやってくれるらしいです♪

では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
MAPでTQ&WIN!!
どうもです。
3月20日(金/祝)に南足柄市にある旧北足柄中学校体育館特設で行われたMAPで清水くんが見事TQ&WINしました!!

当日のレース前、清水くんから『スグル走るで!!』と手ごたえ有りのLINEが届くほど調子がよかったみたい。
また、当日会場にいたヤッキーさん(チームCRC)の話では、清水くんの車は相当良く走っていたそうです!!
清水くんのFX4Sは絶好調みたいですよ!!

清水くんのFX4S(モデファイ仕様)

決勝のリザルト


僕も当日、ライブストリームで生でレース観戦していましたが、決勝は抜かれては抜き返してを2回程繰り広げ、正に手に汗握る熱いレースでした!!
あまりに激アツのレースだったのでテレビの前で『うぉっ!!』とか声出して興奮してしまいました。
多分後日CRC JAPANのYOUTUBEチャンネルにレースの模様がアップされると思います(たぶん)のでUPされたら是非ご覧くださいね。

オンラインでのライブストリームと清水くんからのLINEでさながら現場に居るような感覚でした。 便利な世の中になったもんですね。

そんな絶好調清水くん、貴重なセッティングシートを惜しげもなく公開してくれましたのでFX4Sユーザーの皆さん、是非参考にしてみてくださいね。(モデだもんでやってる人少ないかなぁ?)

M300FX4S MAPでのセット(ドライバー清水昭博/TQ&WIN)


では!!
レース&練習 : comments (x) : trackback (x)
M300GT2組立について
どうもです。
M300GT2ですが早いショップさまでは今日の夕方頃には店頭に並んでいると思います。
今週末に早速組立を始める方もいるといらっしゃるんじゃないでしょうか?
そこで組み立てに関して説明書には記載しきれなかったちょっとしたコツをご紹介したいと思います。


説明書でまず最初に組み立てるのがナックル。
昔からM300シリーズは、何故かナックルから組み立てる風潮になってますね(笑)
組み立て自体は至って簡単で何のストレスもなく組み立てることができると思いますが、ここはひと手間かけてジョイントボールねじ込み部分にM3タップを立てておくと作業し易くてお勧めです。

月曜日に組み立て確認しながら写真を撮ったので指先に日曜日の思い出が(笑)


お次は、サスアームにキングピン、ナックルを取り付ける工程
サスアームにキングピンとナックルを通し、2.5mmのEリングをはめるんですが慣れないうちは少し難しく感じると思います。
説明書の工程では、ナックルにアクスルシャフトと六角ハブを取り付けた状態になっていますがEリングをはめる際に邪魔になるので、いったんアクスルシャフトと六角ハブ外して作業したほうが作業しやすいです。(はめろって言っておいて外せって言うのもアレですが…)
Eリングがピーンと飛んでどっかに行ってしまう恐れがありますのでキットには2.5mmEリング、2mmEリングとも2枚ずつ予備が入っています。
2回までは飛ばしてもセーフですが3回はアウトです!!ご注意ください。


Tバーを取り付ける工程
ここでもプラパーツのネジ穴にM3タップを立てておくと良いです。
タップを立てなくても組立は可能ですが、タップを立てた方がねじ込む際に無理な力が掛からず、組み立てた時にシャーシが歪み難くなります。
組み立てもし易くなるのでお勧めです。

ついでに樹脂パーツのダンパーブレーススタンドにも同様にM3タップを立てておくとベストです。


デフの組立
デフリングとデフボールには油が付着しているのでをクリーナーで洗浄してから組み立ててください。そのまま組み立てるとデフが滑ってしまいます。

合っているか分かりませんが僕はいつもこんな感じで洗浄しています。
まずティッシュペーパーの上にデフリング、デフボールを置きます。

ティッシュペーパーを写真のようにテキトーに折り返して、その上からクリーナースプレーを噴射して、そのままティッシュの上からボールを指で少し押しながら転がします。
こうするとデフボールを紛失しにくいです。
デフリングもティッシュを上から押し回す感じで油分を拭き取ります。


デフナットを締めこむ際は、そのままシャフトを持ってねじ込むとシャフトが手から滑って作業しにくいので、レフトハブをいったん取り付けてから作業すると掴むところができ作業し易くなります。


ボディーマウントについて
説明書でリヤ側に取り付けることになっているボディーマウントには穴が空いていない箇所がかります。

フロント側はズラッと全て穴が空いています。

使用するボディーによっては、使いたいところに穴が無い場合が出てくるかもしれません。
その場合は、フロントとリヤでボディーマウントを替えてください。
基本的な形状は同じです。
ボディーマウントをカットしてしまう前に一度穴の有無を確認してから作業してください。

説明書にもできるだけ注意点は記載したつもりですのでしっかり読んでから作業してくださいね。
組み立て自体は非常に簡単ですのであっという間に形になると思います。
サクッと組んでこの週末にシェイクダウンしてみてくださいね!!

では!!
TIPS : comments (x) : trackback (x)
出荷DAY2
どうもです。
今日もM300GT2の出荷でバタバタでした。
2日連続のドタバタでもうグッタリです〜。
でも、こういう疲労感がいいんだよなぁ。

では!!
日記 : comments (x) : trackback (x)
M300GT2初回完売
どうもです。

本日より出荷開始のM300GT2ですがお陰様で初回ロット完売となりました!!
バタバタの出荷でしたが何とか本日分の出荷は無事終了しました〜。
さすがにクタクタです…。

次回ロットは少し時間が掛かってしまいそうですので、もしも店頭でM300GT2を見かけたら迷わずGETされることをお薦めします!!

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
M300GT2明日より出荷!!
どうもです。

来ました!! 遂に来ましたよ!! M300GT2のシャーシ達が!!

確認作業もバッチリでした〜。

シャーシ関係以外の組立確認を事前に行っていたので
サクッと組立確認も完了しました!!

M300GT2、明日17日(火)より
問屋様へ向けて出荷開始します!!

早いショップ様で19日(木)には店頭に並ぶと思います!!

お楽しみに!!

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
レギュレーション一部修正
どうもです。

カワダカップのレギュレーションについてお問合せを頂きました。
それに伴い、レギュレーションを一部修正と言うか追記させて頂きました。

Q1. JMRCA公認21.5Tブラシレスとありますが公認が切れているモーターも使用できますか?

A1. もちろん使用可能です。JMRCAのレースで使用期限が切れてしまっているモーターでも、過去に公認を取っているモーターでしたらカワダカップで使用可能です。

【修正前】
JMRCA公認21.5Tブラシレス

【修正後】
JMRCA公認21.5Tブラシレス(過去に公認済みの物も使用可能)


Q2. 10GTクラスではCカーボディーは使用可能ですか? タミヤ製ライキリは空力ボディーですか?

A1. 12GTのレギュレーションでは『Cカーボディー不可』の記載がありますが、10GTクラスには記載漏れしておりました。申し訳ありません。
12GT同様『Cカーボディー不可』ですので宜しくお願いします。
また、お問合せ頂いたタミヤ製ライキリは実車が存在しない為、カワダカップでは空力ボディーとして使用不可とさせて頂きます。

【修正前】
各社1/10用ボディー
(ウイングは標準のもの。空力ボディー不可。)

【修正後】
各社1/10スケール箱ボディー
(ウイングは標準のもの。空力ボディー不可。Cカーボディー不可)

※ボディーに関してあんまり細かいこと言うのも嫌なので『これって空力ボディかなぁ?』っと少しでも思うボディーは、恐らくグレーゾーンの空力ボディーでNGになると思います。(僕個人の見解)
海外製の見た目はそこそこスケール感あるけど、実は空力ボディーみたいなのはNGです。
カワダカップに参加される方は、その辺の空気が読める素敵な皆さんだと信じてます!!



Q3. 12GTクラスにヨコモGT500で参戦できないかと思っています。
レギュレーションでは車幅が170mmまでと記載がありますがヨコモGT500はスペック上174mmです。ヨコモGT500ではレースに参加できないのですか?


A1. レギュレーションに合致していればもちろんヨコモGT500で12GTクラスに参加可能です。
ただし、レギュレーション上『川田模型製ミニ用ラバータイヤ』となっているため、この部分をクリアする必要があります。
ヨコモGT500には、そのままの状態では一般的なミニ用ホイールの装着はできないはずですので何かしらの工夫をして取り付けを行う必要があると思いますのでご了承ください。
レギュレーション的にはヨコモGT500でも大丈夫なホイールベース及び全幅に設定しています。
ギヤ比指定のレースなので使用タイヤが異なると『指数』が変わってしまい、スピードに差が出てしまうのを防ぐ目的で指定タイヤとさせて頂いております。

車幅に関しましてヨコモGT500の実車にて確認したところシャーシ全幅は170mmのようです。

恐らくスペック上全幅174mmと記載されているのは、ボディーを含んだ全幅だと思われます。
GT500用SC430ボディーの全幅は大体174mmです。

レギュレーションの記載を『車幅』から『シャーシ全幅』と表記を変更しました。
またシャーシ全幅自体にも少しだけ余裕を持たせました。

【修正前】
M300GTシリーズ等の1/12スケールDDカー
(ホイールベース: 235mm以下、車幅:170mm以下)

【修正後】
M300GTシリーズ等の1/12スケールDDカー
(ホイールベース: 235mm以下、シャーシ全幅:171mm以下)


レギュレーションに分かりづらい点や不備があり誠に申し訳ありません。
今後も不明な点が出てくるかもしれませんがお気軽にお問合せください。
宜しくお願いします。

では!!
お知らせ : comments (x) : trackback (x)
GT2発売少し遅れます…
どうもです。
新製品のM300GT2ですがパーツ(シャーシ関係)の入荷に遅れが発生してしまい、発売が少し遅れてしまいます…。

順調に行けば、来週あたり発売できそうかなぁと思っていましたが時期が時期だけに遅れは致し方無いですね…。

楽しみにしている皆さんには大変申し訳ありませんが、もう少しだけお待ちください。
詳しい予定が分かり次第お知らせします。

では!!
新製品 : comments (x) : trackback (x)
2mmシャーシ再入荷!!
どうもです。
入荷が少し遅れてしまっていたM300FX4S用2mmシャーシが再入荷しました!!
大変お待たせして申し訳ありませんでした!!

RSG01L FX4用7075メインシャーシ2.0mm

本日より出荷可能です!!

シャーシが入荷してきたのでFX4Sのキットも今ならありますよ!!

M328 M300FX4Sシャーシキット

FX4S良く走りますよ!!

ツーリングカー用カーペットタイヤ・ミディアムも再入荷しました!!
ミディアムグリップのカーペットコースに人気です。

TUB43M TC用タイヤ カーペット用・ミディアム:2個入


では!!
再入荷情報 : comments (x) : trackback (x)
GT2プロトの仕様
どうもです。

M300GT2についてこんなメールを頂きました。
『ブログの中で今の走らせてる仕様やバッテリーやモーターやアンプなどの情報を上げて頂く事は可能でしょうか?手軽にラジコンを出来、荷物も最小限で楽しみたいなと発売を待っております。』

ご要望にお応えするためにM300GT2のテスト車両のセッティングシートをUPします。
セッティングシートですがM300GT2の説明書通りに組むと正にこれになります。
使用しているメカ類やギヤ比などは特にこれじゃなきゃダメって訳ではありません。
ちなみにこの状態は走行動画で走っているまんまの状態です。



この標準セットですがハイグリップ・カーペットコースのDAYZさんでもタイヤのみカーペットタイヤに変更するだけでとても良く走ります。
DAYZさんで使用するタイヤは『TUM43M ミニ用タイヤ カーペット用・ミディアム』になります。
DAYZさんでの走行動画ではパワーソースをカワダカップ仕様にし、スピードを抑えた仕様となっています。
使用したモーターは『BMC3050 BAKUSOモーターBRX30.5T』でKV値をレギュレーションに合わせKV1400に設定しています。
ギヤ比は5:1(スパーギヤ100T、ピニオンギヤ20T)です。

せっかくなのでM300GT2プロト(いつまでプロトやねん)の写真ですがM300GT2の紹介をしていきたいと思います。
プロトと言っても製品版とほぼ同じで見えないところが微妙に違う程度ですが…。

フロントサスはエリオット式。六角ハブはオプションのアルミ六角ハブに交換しています。
キット標準は樹脂製の六角ハブになります。

使用しているウレタンバンパーは別売の『RSF70 ウレタンバンパー・ラージ』です。
このほかにもM300GT用の大きなタイプ『RGT70 ウレタンバンパーM300GT用』もあります。

サーボは別売の『RSF95 フローティング・サーボマウント』を使用しミニサーボを搭載しています。
特にミニサーボじゃなきゃダメって訳ではありません。たまたま余っていたサーボがミニサーボなだけです。通常サイズサーボ、ロープロサーボも搭載可能です。

ピッチングダンパー、ロールダンパーともに樹脂製です。
FX4にも採用されているアルミ削り出し&カシマコートの『KD77 HGチューブダンパー』を装着すればさらに性能UPですが取り敢えずはキット標準の樹脂製でも十分すぎる性能です。
チューブのオイルは#30000、ピッチングのオイルは#400をお薦めします。

樹脂製バッテリーホルダーでバッテリーの搭載も楽チンです。
角型Li-Poに対応しているのでホルダーに設けた穴からバッテリーコネクターにアクセス可能です。

バッテリーホルダーは、シャーシ側の取付穴3か所、ホルダー側の穴2か所の組み合わせにより、あらゆるサイズのバッテリーに対応しています。

デフシャフトは低グリップ路面で抜群のトラクションが得られるステンレス製です。
このシャフト、3度も磨きの工程がある職人泣かせの逸品です。
知らないと気付かないと思いますがM300GT2を組み立てる際にそんな風に思ってこのシャフトを見ると、精度の良さ仕上がりの美しさに感動すると思いますよ。

右ハブは樹脂製です。高剛性な樹脂なんでとってもタフです。

右ハブのキャップを外すとこんな感じ。デフナットが青いですが製品は樹脂製ナットになります。
ちなみにM300GT2は安価なモデル設定ですがデフで使用している6×10mmのボールベアリング(3個)には、国産の高級ベアリング『BBR610 Rスペック・ボールベアリング 6×10』を採用しています。特に一番外側のベアリングはスラスト方向からの締め込みもあるため、国産の高精度ベアリングじゃないとスムーズなデフは実現できません…。
採算度返しのこだわりポイントです。

モーターマウントはM500WGT-XやF500シリーズなどにも採用されているアルミ削り出しの高精度タイプの物を標準装備。車高調整の幅が広くて、あらゆるタイヤ径に対応しています。
通称『万能モーターマウント』

左側もしっかりアルミ製ですよ。

リヤの制御はオーソドックスなTバー方式です。
形状はM300GT2で変更になっており、ピッチングが柔らかく出るように改良してあります。
取付位置の変更でホイールベースを210mmから225mmにストレッチすることができます。
Tバーの板厚は1.6mmのソフトタイプです。

テストではヨコモ製のブラシレスESCのSP3を使用しています。(12で余ってたもんで)
ノンブースト、ゼロタイミング(点滅)です。

受信機の前にある黒い物体は、ヒシチューブに覆われた古いAMBポンダーです。
ホイールベースが長いのでデカいポンダーでも楽々搭載可能です。

先日DAYZさんで走っていたのでモーターは『BMC3050 BAKUSOモーターBRX30.5T』を搭載。


どうですか?M300GT2。
順調に行けば来週あたりには発売できるかな?
初回分、まだ少しだけ数があります。
有ると言っても直ぐに無くなってしまう数量ですので、欲しいと思われた方はできるだけお早目にお近くの模型店様にてご注文ください!!

では!!
製品紹介 : comments (x) : trackback (x)

そー言えばヤツは使っていた。
exod>3/24